クナイはいつできた?誰が発明したの?どうやって作る?クナイの起源と歴史を解説します。

くない

クナイは、忍者の代表的な武器の一つとして知られていますが、その起源や作り方について詳しく知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、クナイの歴史や発祥、作り方などについて詳しく解説します。

クナイの起源と歴史

クナイの起源は、諸説ありますが、鎌倉時代(1185年〜1333年)に、農具や工具として使われていた「土佐クナイ」が原型だと考えられています。土佐クナイは、土佐国(現在の高知県)で作られた多目的な道具で、農作業や大工仕事などに用いられていました。

戦国時代(1467年〜1615年)になると、土佐クナイを武器として使う忍者が現れ始めます。彼らは、クナイを投げたり、近接戦闘に使ったりしました。また、クナイは道具としても使われ、壁を登ったり、扉を開けたりするのに役立ちました。

クナイの発明者は誰?

クナイの発明者は、明確にはわかっていません。しかし、戦国時代に活躍した伊賀の忍者・藤林長門守(ふじばやしながとのかみ)が、クナイを忍者の武器として積極的に使用・改良したと言われています。藤林長門守は、クナイの形状や重量を調整し、より実戦的な武器として完成させたと考えられています。

クナイの作り方

古来のクナイは、鉄を鍛造して作られていました。基本的な作り方は以下の通りです。

  1. 鉄の棒を熱し、叩いて延ばす
  2. 延ばした鉄を曲げ、クナイの形状に成形する
  3. 先端部分を鍛造し、尖らせる
  4. 柄の部分に穴を開け、グリップを付ける
  5. 表面を研磨し、仕上げる

現代では、ステンレス鋼などの材料を使ったクナイも作られていますが、基本的な形状や作り方は変わっていません。

クナイの種類と特徴

クナイには、大きく分けて2つの種類があります。

  • 直刃クナイ:刃の部分が直線的な形状をしているクナイ
  • 湾刃クナイ:刃の部分が湾曲した形状をしているクナイ

直刃クナイは、主に投げ weapon として使われ、湾刃クナイは、近接戦闘に適しています。また、クナイは、柄の部分に穴が開いているのが特徴で、この穴に紐を通して携帯したり、他の道具と組み合わせたりすることができます。

まとめ

クナイは、日本発祥の武器であり、忍者の代表的な武器の一つとして知られています。その起源は、鎌倉時代の農具・工具である土佐クナイにさかのぼり、戦国時代に忍者によって武器化されました。クナイの作り方は、鉄を鍛造し、形状を整えるのが基本ですが、種類によって特徴が異なります。クナイは、日本の歴史や文化を理解する上で欠かせない要素の一つと言えるでしょう。

忍びの飛び道具 コスプレ 忍者 苦無 クナイ ニンジャ ゴム製 武器 飛び道具 なりきり 仮装 おもちゃ (クナイ大小セット(大2個、小3個))
LamPlanning
¥2,280(2024/05/27 21:37時点)
【安全な忍びの武器】忍者の魂「手裏剣・クナイ」のコスプレグッズです。当たっても痛くないよう安全性を考慮しゴム製になっています。大サイズのクナイ2個セット、3個セット。そして大サイズクナイ2個&小サイズクナイ3個をセットにしたものをご用意しました。
タイトルとURLをコピーしました