バレンタインデーは本来どんな日?チョコレート会社が広めたって本当?海外との比較

チョコレート

日本におけるバレンタインデーは、独特の文化として世界的にも注目されています。しかし、本来のバレンタインデーはどのような日であり、その起源は何なのでしょうか?本記事では、日本のバレンタインデーの起源、チョコレート会社のマーケティング戦略によるその広がり、そして日本と海外のバレンタインデーの違いについて探ります。

本来のバレンタインデーとは

バレンタインデーの起源は、キリスト教の聖人、聖バレンタインにまでさかのぼります。伝説によると、聖バレンタインは、ローマ帝国の時代に結婚が禁止されていた時期に、密かに恋人たちを結婚させていたとされています。彼は最終的にこの行為により処刑されましたが、その犠牲と愛の精神は後世に伝えられ、愛と恋人たちを祝う日として、バレンタインデーが生まれました。

日本のバレンタインデーの起源

日本でバレンタインデーが広まったのは、1950年代後半から1960年代にかけてです。もともとは、西洋のバレンタインデーが日本に伝わった際に、恋人や好きな人に愛を告白する日とされていました。しかし、日本のチョコレート会社(モロゾフ)がこの日を商機と捉え、女性から男性にチョコレートを贈るという習慣を積極的に広めました。

チョコレート会社のマーケティング戦略

日本のチョコレート会社は、バレンタインデーに特化したマーケティング戦略を展開しました。彼らは、女性が男性にチョコレートを贈ることを推奨するキャンペーンを積極的に行い、メディアや広告を通じてその習慣を定着させました。これにより、バレンタインデーは日本において特別な日として定着し、チョコレートの大量消費が促されるようになりました。

日本と海外のバレンタインデーの違い

日本のバレンタインデーは、特に女性から男性へのチョコレートの贈り物が中心となっています。これに対して、多くの西洋諸国では、男女が互いにさまざまなギフトを贈り合う習慣があります。また、日本独特の「義理チョコ」という概念もあり、これは職場の同僚や友人など、特別な感情がなくても義務感からチョコレートを贈る文化です。海外にはこのような習慣は一般的ではありません。ちなみに↓は私が一番美味しいと思っているチョコレート、リンツ。義理でもこれを貰えたら超嬉しいです笑

リンツ Lindt チョコレート リンドール 10種類アソート 定番フレーバー 20個 個包装 プレゼント リーフレット付 手提げ袋付き ショッピングバッグS付
Lindt(リンツ)
¥2,980 (¥2,980 / 個)(2024/06/18 12:44時点)
【たくさんの種類をたっぷり】リンツで一番人気のチョコレート「リンドール」が一度に10種類お楽しみいただけます。ひとりで贅沢に、家族やお友達とにぎやかに、選ぶ楽しみと味わう幸せを贈ります。人気の定番フレーバーをバランスよく詰め合わせました。

さらに、日本ではバレンタインデーの一ヶ月後、3月14日のホワイトデーに男性が女性にお返しをするという独自の文化があります。これに対して、多くの海外の国々ではバレンタインデー自体が双方向の贈り物の交換で完結し、特定のお返しの日は設けられていません。ホワイトデーについても詳しく書いていますので興味がある方はこちらをどうぞ。

日本ではバレンタインデーが恋人たちだけでなく、友人や職場の同僚間でのコミュニケーションの機会としても利用されるのに対し、海外では主に恋人同士の愛を祝う日として捉えられています。海外の多くの国では、この日に花やジュエリー、カードなどの贈り物を交換することが一般的です。

特徴日本海外
贈り物の主体女性から男性へ男女互いに、または男性から女性へ
主な贈り物チョコレート花、カード、チョコレート、ジュエリーなど
義理チョコの習慣あり(職場や友人への義務感から)なし
告白の文化バレンタインデーが特に告白の機会とされる告白の日として特に定められていない
チョコレート以外の贈り物あまり一般的ではないより多様(ディナー、映画、旅行など)
お返しの文化ホワイトデーに男性がお返しをする特定のお返しの日はない

まとめ

日本のバレンタインデーは、チョコレート会社(モロゾフ)のマーケティング戦略と文化的な要素が融合して生まれた独自の習慣です。この日が持つ意味や文化的背景を知ることで、日本のバレンタインデーをより深く理解することができます。一方で、海外ではバレンタインデーは恋人たちの愛を祝う日としてより豪華に祝われることが一般的です。

日本では企業によって広められた商業習慣ではありますが、男女にとって特別な日であることもまた事実。ですので、大いに楽しむのが良いのではないでしょうか。↓は義理チョコや友チョコ配りにおすすめのリンツの大容量アソートです

タイトルとURLをコピーしました