七五三って何?どんな意味がある?いつからあるの?七五三の起源と歴史を解説。

七五三

七五三は、日本の子どもたちの健やかな成長を祝う伝統的な行事です。男の子は5歳、女の子は3歳と7歳の時に、神社へ参拝し、晴れ着を着て祝われます。しかし、七五三はいつ頃から始まり、どのような意味があるのでしょうか?この記事では、七五三の起源、意味、歴史について詳しく探っていきます。

七五三とは何か?

七五三とは、子どもの成長を祝い、健康と幸福を願う日本の伝統行事です。「七」「五」「三」の数字は、それぞれ7歳、5歳、3歳を表しています。この年齢は、子どもの成長における節目と考えられており、七五三では、これらの年齢の子どもたちが主役となります。

七五三の意味と由来

七五三には、子どもの健やかな成長を願う意味があります。奇数は陽数とされ、縁起が良いと考えられてきました。3歳は髪が伸び始める時期、5歳は袴を着せ始める時期、7歳は帯を結び始める時期とされ、それぞれの年齢で子どもの成長を祝うのです。また、七五三の由来には諸説ありますが、平安時代の宮中行事「髪置の儀」が起源の一つと考えられています。

七五三の起源:誰が考案したのか?

七五三の起源は、平安時代にさかのぼります。当時の宮中では、「髪置の儀」という行事が行われていました。これは、子どもの髪を伸ばし始める儀式で、現在の七五三の原型と考えられています。ただし、七五三という名称や、3歳、5歳、7歳という年齢区分が定着したのは、江戸時代以降のことです。

七五三の歴史:いつから行われているのか?

平安時代の宮中行事に起源を持つ七五三ですが、庶民の間に広まったのは江戸時代からです。当初は、武家社会で行われていましたが、次第に町人の間にも広がっていきました。明治時代になると、七五三は全国的な行事として定着し、現在に至るまで、多くの家庭で大切に受け継がれています。

七五三はどのように広まったのか?

江戸時代、七五三は武家社会から町人へと広がりました。この背景には、当時の出版文化の発展があります。七五三を題材にした ukiyo-e や小説が登場し、庶民の関心を集めたのです。また、明治時代以降は、写真館の普及も七五三の popularization に貢献しました。家族写真を撮る習慣が広まり、七五三の晴れ着姿を写真に収める人が増えていったのです。

七五三は日本独自の行事なのか?

七五三は、日本独自の伝統行事です。他の文化圏にも、子どもの成長を祝う儀式はありますが、3歳、5歳、7歳という年齢区分や、神社参拝、晴れ着を着るという習慣は、日本特有のものです。七五三は、日本の文化や価値観を反映した、独自の伝統行事と言えるでしょう。

まとめ

七五三は、子どもの健やかな成長を願う日本の伝統行事です。その起源は平安時代の宮中行事にさかのぼり、江戸時代から庶民の間に広まりました。現在では、多くの家庭で大切に受け継がれています。七五三は、日本の文化や価値観を反映した、独自の伝統行事であり、子どもたちの健康と幸福を願う、家族の大切な行事なのです。

[KYOETSU] [キョウエツ] 着物セット 七五三用 3歳用 被布セット 華やかA 9点セット(柄被布、柄着物、伊達衿、長襦袢、髪飾り、巾着、草履、腰紐、足袋) ガールズ (11-A3)
KYOETSU
3歳の女の子への七五三祝いに。一生の思い出を彩るかわいいデザインの着物セットを揃えました。巾着や髪飾りなどの小物までセットになっているので、届いてすぐに着られます。
タイトルとURLをコピーしました