エイプリルフールはどこの風習?いつからある?起源の色んな説をまとめてみた。

スポンサーリンク

エイプリルフールは、毎年4月1日に嘘をついたり、ジョークを言ったりする習慣のある日です。この記念日の起源と世界的な広がりについて探ってみましょう。

スポンサーリンク

エイプリルフールの起源

エイプリルフールの正確な起源は不明ですが、いくつかの有力な説があります。

  1. フランスの新年説
    • 16世紀のフランスでは、新年は4月1日に始まっていました。
    • 1564年にシャルル9世が新年を1月1日に変更しました。
    • しかし、変更を知らない人や従わない人もいて、彼らを「エイプリルフール(4月の馬鹿者)」と呼んでからかう習慣ができたとされています。
  2. ローマの祭り説
    • 古代ローマの祭り「ヒラーリア」が起源とする説もあります。
    • この祭りは、3月25日に行われ、人々が仮装をしたり、いたずらをしたりしていました。
    • 春分の日に近いこともあり、エイプリルフールとの関連性が指摘されています。
  3. 春分の日説
    • 春分の日(3月20日頃)に人々が惑わされやすいことから、エイプリルフールが生まれたとする説もあります。
    • 春分の日は、昼と夜の長さがほぼ等しくなる日で、自然の変化に人々が惑わされやすいと考えられています。

世界的な広がり

エイプリルフールは、今や世界中で親しまれている習慣です。

  • イギリスでは、18世紀から「All Fools’ Day」として知られるようになりました。
  • アメリカでは、19世紀初頭に英国からの移民によって広まったと考えられています。
  • ドイツやスカンジナビア諸国でも、同様の習慣があります。
  • 日本では、明治時代に西洋文化の影響で広まりました。大正時代には新聞などでエイプリルフールの特集が組まれるようになりました。

各国で嘘やいたずらの内容は異なりますが、楽しむ心は共通しています。

現代のエイプリルフール

現代では、エイプリルフールは個人だけでなく、企業もジョークを発信する日となっています。

  • Googleは毎年、クレイジーな新サービスを発表します。例えば、2013年には「Google Nose」というにおいを検索できるサービスを発表しました。
  • 新聞やテレビでも、ジョークニュースが報道されることがあります。例えば、BBCは2008年、「ペンギンが飛べるようになった」というニュースを報じました。

SNSの発達により、エイプリルフールのジョークは瞬く間に世界中に広がるようになりました。

エイプリルフールの注意点

エイプリルフールを楽しむ際は、以下の点に注意が必要です。

  1. 嘘やジョークが行き過ぎないようにする
  2. 相手の感情を害しないようにする
  3. 公的な場や緊急時には控える
  4. 嘘やジョークをしたら、後で必ず明かす

良識の範囲内で、エイプリルフールを楽しむことが大切です。

まとめ

エイプリルフールの起源は諸説ありますが、今や世界中で親しまれる習慣となっています。嘘やいたずらを楽しむ一方で、相手の気持ちを考えることも大切ですね。現代では、個人だけでなく企業もジョークを発信するようになりました。SNSの発達により、ジョークは瞬く間に世界中に広がります。良識の範囲内で、エイプリルフールを楽しみましょう!

タイトルとURLをコピーしました