ホワイトデーは日本だけ?何を送る?ホワイトデーの起源と歴史

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホワイトデーとは?

ホワイトデーは、日本特有の文化的な行事で、3月14日にバレンタインデーにチョコレートをもらった人がお返しをする日として広く知られています。この日は主に、男性が女性に対して感謝の気持ちを込めてお菓子やプレゼントを贈ることが一般的です。バレンタインデーについては詳しく書いた記事がありますので御覧ください。

ホワイトデーの起源

ホワイトデーの起源に関する一般的な説は、1970年代後半に福岡の博多にある菓子会社「鶴乃子本舗 石村萬盛堂」にあります。この会社の3代目社長、石村善悟さんが、昭和52年(1977年)に「マシュマロを贈ろう」というキャンペーンを始めたことがホワイトデーの始まりとされています。彼の提案した「マシュマロデー」が全国的なブームになり、その結果、ホワイトデーとして徐々に定着しました。

海外にはホワイトデーはあるの?

ホワイトデーは、主に日本独自の行事として知られており、他の国ではあまり見られません。ただし、日本の文化が広まるにつれて、中国や台湾、韓国など一部のアジア諸国(主に東アジア)でもホワイトデーを祝う習慣が少しずつ見られるようになっています。欧米などにはありません。

バレンタインデーとホワイトデーの関係

日本においてバレンタインデーは、女性が男性にチョコレートを贈る日として知られています。この習慣は1950年代に始まったとされ、それがホワイトデーの成立に大きな影響を与えました。バレンタインデーとホワイトデーは、恋愛や感謝の気持ちを表現する日として、互いに補完し合う関係にあります。

ホワイトデーに何を送る?友チョコや義理チョコでもお返しする?

ホワイトデーが広まってから、その形態も多様化しています。最初はマシュマロやホワイトチョコレートが主流でしたが、現在ではジュエリーや花、高価なギフトを贈ることもあります。また、感謝の気持ちを込めた手作りのプレゼントを贈る人も増えています。

友チョコや義理チョコに対するお返しについては、普通はお返しをするのが一般的です。義理チョコや友チョコは比較的カジュアルなものなので、お返しもそれに見合ったもので十分です。重要なのは、感謝の気持ちを表すことです。

定番のプレゼントと言われているものはこのようなものです。

  • マシュマロ、キャンディ、チョコレート:もともとはマシュマロがよく贈られていました、チョコレートやキャンディも人気です。
  • クッキーや焼き菓子:手作りや購入したものも喜ばれます。
  • アクセサリーや小物:恋人などの親密な関係では、ちょっとしたアクセサリーやファッション小物なども選ばれます。
もらったチョコホワイトデーのお返し備考
本命チョコ高価なギフト、アクセサリー等深い感謝や愛情を示すもの
義理(友)チョコマシュマロ、キャンディ、クッキー等カジュアルで心のこもったもの

義理チョコのお返しなら個人的なおすすめとしてはバレンタインでもおすすめしたリンツのチョコレートがめちゃくちゃ美味しくて個包装されているのでおすすめです。

リンツ Lindt チョコレート リンドール 10種類アソート 定番フレーバー 24個 個包装 プレゼント リーフレット付 手提げ袋付き ショッピングバッグS付
Lindt(リンツ)
¥2,980 (¥2,980 / 個)(2024/02/24 06:20時点)
【たくさんの種類をたっぷり】リンツで一番人気のチョコレート「リンドール」が一度に10種類お楽しみいただけます。ひとりで贅沢に、家族やお友達とにぎやかに、選ぶ楽しみと味わう幸せを贈ります。人気の定番フレーバーをバランスよく詰め合わせました。

もっと多く配る人にはこちら

ホワイトデーの3倍返しとは?

ホワイトデーの「3倍返し」とは、日本の習慣において、男性がバレンタインデーに女性から受け取ったチョコレートやギフトに対して、その価値の3倍に相当するものをホワイトデーにお返しとして贈るという慣習を指します。この「3倍返し」のルールは、もちろん厳密なものではなく、むしろ社会的な期待やジョークの一部として捉えられることが多いです。

例えば、男性がバレンタインデーに1000円相当のチョコレートをもらった場合、ホワイトデーには3000円相当のギフトを贈るという考え方です。ただし、実際にはこのルールが厳密に守られることは少なく、多くの人々は相手の感謝の気持ちを表すために、またお返しの品を選ぶ際に個人的な関係性や状況に応じて自由に選んでいます。

ちなみに私個人としては親しい人には念のため2〜3倍相当のものを選んで返すようにしています。。。

タイトルとURLをコピーしました