日本の五節句の由来と意味は?日程と行事をまとめてみた。

スポンサーリンク

日本には古来から伝わる五つの節句があります。これらは季節の変わり目を祝い、人々の健康や幸福を願う重要な日として、長い間、大切にされてきました。今回は、これら五節句の由来と意味、それに伴う日程と行事についてわかりやすく調べてみました。

スポンサーリンク

人日の節句(じんじつのせっく) – 1月7日

人日の節句は、一般に「七草の節句」とも呼ばれます。この日は、春の訪れを感じさせる七種の野菜(春の七草)を使った「七草粥」を食べて、無病息災を願います。由来は中国の風習に基づき、日本に伝わったものです。新年の厄払いと身体の健康を願う行事として、多くの家庭で大切にされています。

上巳の節句(じょうしのせっく) – 3月3日

上巳の節句は「桃の節句」としても知られ、女の子の健やかな成長を祝う日です。この日は、雛人形を飾り、菱餅や白酒を供える風習があります。元々は、中国から伝わった邪気払いの風習が起源で、美しい桃の花が咲く時期に行われることから、桃の節句と呼ばれるようになりました。

端午の節句(たんごのせっく) – 5月5日

端午の節句は「こどもの日」としても親しまれており、男の子の健康と将来の成功を願う日です。鯉のぼりを飾ったり、武者人形を飾るなどして、勇敢さや強さを象徴する行事が行われます。この節句もまた、中国の風習が起源で、菖蒲の葉の強い香りが邪気を払うとされています。

七夕の節句(しちせきのせっく) – 7月7日

七夕は、織姫と彦星の年に一度の逢瀬を祝う行事です。日本各地で竹に願い事を書いた短冊を吊るし、さまざまな飾りつけをします。この伝説は、もともと中国から伝わったもので、日本独自の風習が加わり、現在の形になりました。人々はこの日、自分の願いや夢が叶うことを祈ります。

重陽の節句(ちょうようのせっく) – 9月9日

重陽の節句は、「菊の節句」としても知られています。この日は、菊の花を愛でたり、菊花の酒を飲むことで、長寿や健康を祈ります。中国の陰陽五行思想に基づき、奇数を陽の数として吉祥とすることから、9月9日の重陽は特に重要な日とされています。

まとめ

表でわかりやすく並べるとこのようになります。

節句日程行事意味
人日の節句1月7日七草粥を食べる無病息災を願う
上巳の節句3月3日雛人形を飾る女の子の健やかな成長を祝う
端午の節句5月5日鯉のぼりを飾る男の子の健康と成功を願う
七夕の節句7月7日短冊に願いを書く願い事が叶うことを祈る
重陽の節句9月9日菊の花を愛でる長寿と健康を願う

これら五節句は現代では忘れがちになっていますが、日本の四季の美しさを感じさせるだけでなく、行事によって家族の絆を深める大切な機会となっています。毎年しっかりと行事を行うことで、季節の移り変わりを楽しむことができるのではないでしょうか

雑学
スポンサーリンク
シェアする
oimomanをフォローする
ゆるきじ
タイトルとURLをコピーしました