十二単は重いって本当?その理由と実際の重さ

スポンサーリンク

日本の伝統衣装である十二単(じゅうにひとえ)は、平安時代の貴族女性が着用していた正式な衣装です。その美しさだけでなく、十二単はかなり重い、という噂を聞いたことはないですか?実際のところ、十二単はどれほどの重さなのでしょうか?そして、なぜそれほど重いのか?この記事では、そんな疑問や悩みを解消します。

スポンサーリンク

十二単とは

十二単は、名前の通り12枚の衣を重ね着することからその名がつけられました。しかし、実際には12枚以上の衣を重ねることもあり、その構成は時代や場面によって異なります。これらの衣は、一枚一枚が細かく規定されており、色や柄、着る順番に至るまで厳密なルールがありました。

十二単の重さ

十二単の重さは、着用する衣の枚数や素材によって大きく異なりますが、一般的には約10kgから20kgの間と言われています。中には、特別な式典などでより多くの衣を重ね着し、それ以上の重さになる場合もあります。

十二単の重さを具体的にイメージしやすくするために、現代の日常生活でよく見かけるものを比較例として挙げてみましょう。

  • 2Lのペットボトル:十二単の重さは、おおよそ2Lのペットボトル5本分から10本分程度と言えます。これは、約10kgから20kgに相当します。つまり、2Lのペットボトルを5本から10本、一度に運ぶことを想像すると、その重さが伝わるでしょう。
  • お米5kg:お米の5kg袋を2つから4つ分と考えることもできます。日常でお米を購入し、持ち運ぶ経験を思い出すと、その重さの感覚がより身近に感じられるかもしれません。
  • ビール瓶1ケース:20kgでイメージしやすいものとしてはビール瓶1ケースが、ほぼ同じ重さです。大人でも持ち運ぶのが一苦労の重量ですね。

なぜ十二単は重いのか

十二単の重さの主な理由は、使用される素材と衣の枚数にあります。平安時代の貴族は、身分や季節、行事に応じて衣装を変える文化がありました。そのため、十二単の各衣は、絹や麻などの天然素材で作られており、これらの素材は一枚一枚がそれなりの重さを持っています。また、重ねることで生まれる色合いや柄の美しさを表現するため、多くの衣を重ね着する必要がありました。

十二単を着る意味

十二単を着ることは、単に身分や美しさを示すだけではありませんでした。それは、着る人の精神性や文化、伝統を尊重する行為でもありました。重ね着することによって生まれる色の重なりは、自然の移り変わりや四季の美を表現しており、当時の人々の美意識や自然観を反映しています。

タイトルとURLをコピーしました