餅まきの意味と由来を徹底解説!なぜ餅を投げるの?紅白の理由は?

餅撒きって何?
スポンサーリンク

餅まきとは何?

餅まきとは、祝賀行事や祭事において、紅白の餅を参加者に向かって投げる日本の伝統的な風習です。餅まきは、家の上棟式、結婚式、節分、運動会など、様々な場面で行われます。投げられた餅を拾うことで、幸福や健康を授かると信じられています。

なぜ餅を投げるの?

餅を投げる理由は、餅が神聖な食べ物とされてきたからです。日本の神話では、餅は神様の食べ物であり、神々に捧げられる供物でした。餅を投げることで、その場に集まった人々に神の恵みを分け与え、幸運を呼び込むと考えられてきました。

餅が紅白な理由は?

餅まきで使われる餅が紅白なのは、紅白が祝いの色とされているからです。紅は太陽や生命力を、白は清浄や神聖さを表します。紅白の組み合わせは、めでたさや喜びを象徴し、祝賀行事にふさわしい色とされています。

餅まきが行われるのはどういう時?

餅まきは、様々な祝賀行事や祭事で行われます。代表的なものは以下の通りです。

  • 家の上棟式:新築や建て替えの際、家の上で餅まきを行い、家の繁栄と居住者の幸福を願います。
  • 結婚式:披露宴の最後に餅まきを行い、新郎新婦の幸せを祝福します。
  • 節分:年の初めに邪気を払い、福を呼び込むために、豆まきとともに餅まきを行います。
  • 運動会:学校行事として、競技の合間に餅まきを行い、子供たちの健やかな成長を願います。

餅まきの起源と由来

餅まきの起源は、平安時代にまで遡ります。当時、貴族の間で、正月に神々に餅を供えるという風習がありました。この風習が、次第に一般庶民にも広がり、様々な祝賀行事で餅を投げるようになったと考えられています。

江戸時代には、歌舞伎の興行の際に、役者が観客に餅を投げるという「舞台餅まき」が行われるようになりました。これが、現在の餅まきの原型となったと言われています。

餅まきを始めたのは誰?

餅まきを最初に始めたのは誰かを特定することは難しいですが、歌舞伎の人気役者である市川団十郎が、舞台餅まきを広めたと言われています。団十郎は、観客に餅を投げることで、歌舞伎の人気を高め、祝賀行事としての餅まきを定着させたと考えられています。

まとめ

餅まきは、日本の伝統的な風習であり、様々な祝賀行事や祭事で行われてきました。餅を投げることで、神の恵みを分け与え、幸運を呼び込むと信じられてきました。紅白の餅は、めでたさや喜びを象徴する色とされ、餅まきにふさわしい色とされています。起源は平安時代にまで遡り、江戸時代の歌舞伎の影響を受けて、現在の形になったと考えられています。餅まきは、日本の文化と伝統を体現する風習の一つと言えるでしょう。

たいまつ食品 紅白まる餅 360g
たいまつ食品
¥677 (¥1,881 / kg)(2024/05/19 05:31時点)
原材料:紅もち:水稲もち米(国内産)/コチニール色素 白もち:水稲もち米(国内産)
タイトルとURLをコピーしました