女性の高身長の基準は何センチ?日本人女性の身長分布を徹底解説!

スポンサーリンク

こんにちは!今回は「女性の高身長は何センチから?」「日本人女性の身長の割合は?」という疑問について、信頼できるデータを元に詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

女性の高身長の基準は何センチ?

一般的に、女性の平均身長は158cmと言われています。では、高身長の基準は何センチでしょうか?

厚生労働省の調査によると、20歳以上の日本人女性の平均身長は158.0cm(2021年)。日本人女性の場合、170cm以上であれば高身長と考えることが一般的です。

日本人女性の身長分布

次に、日本人女性の身長分布を見てみましょう。文部科学省の学校保健統計調査(2021年)によると、17歳女子の身長分布は以下の通りです:

  • 140cm未満:0.3%
  • 140cm以上150cm未満:4.5%
  • 150cm以上160cm未満:41.2%
  • 160cm以上170cm未満:49.7%
  • 170cm以上:4.3%

この調査から、日本人女性の半数以上が160cm以上170cm未満に収まっていることがわかります。また、170cm以上の高身長の女性は全体の約4.3%と、比較的少数派であると言えるでしょう。

高身長女性のファッションと健康管理

高身長の女性は、ファッションを楽しむ上でも健康管理の面でも、いくつか注意点があります。

ファッションでは、身長に合った服選びが重要。パンツの丈が短すぎたり、袖丈が合わなかったりしないよう、自分に合ったサイズ選びを心がけましょう。高身長女性向けのブランドを探してみるのもおすすめです。

健康面では、背が高いことで関節に負担がかかりやすいため、適度な運動と柔軟性の維持が大切。また、バランスの取れた食事で必要な栄養を摂ることも忘れずに。

まとめ

女性の高身長の基準は170cm以上で、日本人女性の約4.3%がこれに当てはまります。高身長ならではのファッションや健康管理のコツを掴んで、自分の魅力を存分に発揮しましょう!

身長に関する悩みは尽きませんが、自分の身長を受け入れ、前向きに生きることが何より大切。今回の記事が、高身長の女性の方々の参考になれば幸いです。

参考資料:
厚生労働省「国民健康・栄養調査」(2021年)
文部科学省「学校保健統計調査」(2021年)

タイトルとURLをコピーしました