ドライヤーは温風より冷風の方が髪に良いって本当?髪の健康を守るドライヤーの正しい使い方

スポンサーリンク

みなさんは普段、ドライヤーを使うとき、温風と冷風のどちらを使っていますか?実は、ドライヤーの使い方次第で、髪の健康状態は大きく変わってきます。今回は、ドライヤーの温風と冷風が髪に与える影響について解説します。

スポンサーリンク

ドライヤーの温風は髪にダメージを与える可能性がある

ドライヤーの温風は、髪を素早く乾かすことができますが、高温の熱によって髪にダメージを与える可能性があります。特に、温風を近距離から長時間当て続けると、髪の水分が奪われ、髪がパサつきやすくなります。また、高温の熱は髪のタンパク質を変性させ、髪の強度を低下させる原因にもなります。

冷風は髪の健康を守る味方

一方、ドライヤーの冷風は、髪を乾かすスピードは遅いものの、髪に優しい方法だと言えます。冷風は髪の表面を乾かすだけでなく、髪の内部まで温風の熱が伝わるのを防ぐ効果があります。また、冷風を使うことで、髪のキューティクルを引き締め、髪の艶やハリを保つことができます。

正しいドライヤーの使い方とは?

髪に優しいドライヤーの使い方は、温風と冷風を上手に組み合わせることです。まず、髪を7割程度まで温風で乾かします。このとき、ドライヤーと髪の距離は10cm以上離し、髪を動かしながら乾かすようにしましょう。髪が7割程度乾いたら、冷風に切り替えます。冷風を使うことで、髪の表面を引き締め、熱によるダメージを防ぐことができます。

まとめ

ドライヤーは温風と冷風、どちらを使うかで髪の健康状態が大きく変わります。温風は髪を素早く乾かせますが、高温の熱によって髪にダメージを与える可能性があります。一方、冷風は髪を乾かすスピードは遅いものの、髪に優しい方法だと言えます。髪に優しいドライヤーの使い方は、温風と冷風を上手に組み合わせることです。正しいドライヤーの使い方で、髪の健康を守りましょう。

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア 高浸透「ナノイー」搭載 ピンクゴールド EH-NA0B-PN
パナソニック(Panasonic)
¥36,500(2024/04/17 13:54時点)
美容のために進化した、新世代の高浸透「ナノイー」
タイトルとURLをコピーしました