飛行機に雷が直撃したらどうなる?確率や事例を詳しく解説!

スポンサーリンク

飛行機に乗っているときに雷に遭遇すると、不安になる人も多いのではないでしょうか。実際に飛行機が雷に打たれることはあるのでしょうか?もし雷に当たったらどうなるのでしょうか?この記事では、飛行機と雷の関係について、確率や事例を交えながら詳しく解説します。

スポンサーリンク

飛行機が雷に打たれる確率

飛行機が雷に打たれる確率は、意外と高いことをご存知でしたか?米国連邦航空局(FAA)によると

Commercial aircraft are struck by lightning an average of one or two times per year.

つまり、民間航空機は年間1~2回の割合で雷に打たれているのです。

ただし、この数字は航空機全体の平均値であり、特定の飛行機が雷に打たれる確率はそれほど高くありません。1機の飛行機が1年間に雷に打たれる確率は、約0.1%程度と言われています。

飛行機が雷に打たれるとどうなる?

現代の飛行機は、雷に打たれることを想定して設計されています。機体は導電性の高いアルミニウム合金でできており、雷の電流を安全に流すことができます。また、重要な電子機器は、電磁シールドで保護されているため、雷によるダメージを受けにくくなっています。

飛行機が雷に打たれた場合、乗客が感じるのは大きな音と光、そして軽い振動程度です。機体に目立ったダメージが残ることはほとんどありません。パイロットは安全のため、雷雲を避けるルートを飛行するよう努めますが、万が一雷に打たれても、通常は問題なく飛行を続けることができます。

飛行機が雷に打たれた事例

2019年には、ロシアのウラジオストク空港に着陸したエアバスA320型機が、雷に打たれる瞬間の動画が話題になりました。動画では、機体に雷が直撃する迫力ある映像が捉えられていますが、飛行機は無事に着陸しています。

また、2020年には、オランダのスキポール空港に着陸する直前のボーイング777型機が、雷に打たれる映像が公開されました。この飛行機も、雷による目立ったダメージはなく、安全に着陸しました。

まとめ

飛行機が雷に打たれる確率は、1機あたり年間約0.1%程度と言われています。現代の飛行機は雷対策が施されているため、雷に打たれても大きなダメージを受けることはほとんどありません。乗客が感じるのは、音と光、軽い振動程度です。パイロットは雷雲を避けるよう努めますが、万が一打たれても、通常は安全に飛行を続けられます。飛行機の雷対策技術は、安全な空の旅を支える重要な要素の一つなのです。

タイトルとURLをコピーしました