飛行機の墜落確率は宝くじに当たるよりも低い!航空機の安全性の秘密に迫る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

飛行機の墜落確率はどのくらい?

飛行機に乗るのが怖いと感じている人もいるかもしれませんが、実際のところ飛行機の墜落確率は非常に低いのです。国際民間航空機関(ICAO)の報告によると、2019年の世界の航空機事故率は100万便あたり約0.18件でした。つまり、飛行機が墜落する確率は約556万分の1ということになります。

宝くじの当選確率との比較

では、宝くじの当選確率はどのくらいでしょうか?例えば、日本の年末ジャンボ宝くじの場合、1等の当選確率は約614万分の1です。これは、飛行機が墜落する確率よりも高いということになります。

また、アメリカの有名な宝くじ「パワーボール」の1等当選確率は約2億9,200万分の1と言われています。これは、飛行機の墜落確率の約50倍以上にもなります。

飛行機の安全性が高い理由

飛行機の安全性が高い理由は、主に以下の3つが挙げられます。

  1. 厳しい整備基準:飛行機は定期的に整備が行われ、厳しい安全基準をクリアしなければ運航できません。
  2. 高度な訓練を受けたパイロット:パイロットは長期間の訓練を受け、緊急時の対応を徹底的に練習します。
  3. 多重の安全システム:飛行機には、複数の安全システムが搭載されており、1つのシステムが故障しても他のシステムでカバーできるようになっています。

まとめ

飛行機の墜落確率は、宝くじの当選確率よりもはるかに低いことがわかりました。飛行機の安全性が高い理由は、厳しい整備基準、高度な訓練を受けたパイロット、多重の安全システムにあります。

飛行機は、事故のニュースが大きく取り上げられるため、危険なイメージがあるかもしれません。しかし、実際には最も安全な交通手段の1つなのです。安心して飛行機に乗って、快適な空の旅を楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました