ハトはなぜ鳴く?どんな意味がある?鳴く理由やよく鳴く時期を解説。

スポンサーリンク

街中で鳴き声を聞いたことがある人も多いハト。ハトはなぜ鳴くのでしょうか?ハトの鳴き声にはどんな意味があるのでしょうか?この記事では、ハトが鳴く理由や、よく鳴く時期などについて詳しく解説します。

スポンサーリンク

ハトの鳴き声の種類と意味

ハトの鳴き声には、大きく分けて3種類あります。

  • 求愛の鳴き声:オスがメスを呼ぶときに発する、「クックー」という低い声。
  • 警戒の鳴き声:危険を感じたときに発する、「ググッ」という短い声。
  • 巣立ちの鳴き声:幼鳥が親から餌をねだるときに発する、「ピーピー」という高い声。

それぞれの鳴き声には、ハトなりのコミュニケーションの意味が込められているのです。

ハトがよく鳴く時期

ハトは、春から夏にかけての繁殖期によく鳴きます。特に、オスのハトは求愛のために頻繁に鳴き声を発します。

また、ハトは1年に何度も繁殖するため、春から秋にかけて鳴き声を聞く機会が多くなります。

ハトが鳴く理由

ハトが鳴く理由は、主に以下の3つが考えられます。

  • 求愛:オスがメスにアピールするため。
  • コミュニケーション:仲間同士で情報を伝え合うため。
  • 危険の警告:天敵から身を守るため。

ハトは鳴き声で、さまざまな情報をやり取りしているのです。

まとめ

ハトの鳴き声には、求愛、コミュニケーション、危険の警告など、さまざまな意味が込められています。特に繁殖期には、オスのハトが盛んに鳴くため、街中でハトの鳴き声を聞く機会が増えます。

ハトの鳴き声は、ハトなりのコミュニケーションの手段なのです。次にハトの鳴き声を聞いたら、どんな意味があるのか考えてみるのも面白いかもしれませんね。

BH6299 HANSA ハト29
ハンサ(HANSA)
¥4,400(2024/04/17 08:03時点)
対象性別 :男女共用
タイトルとURLをコピーしました