ゴールデンハムスターはいつ発見された?寿命は?相場は?わかりやすく解説。

スポンサーリンク

ゴールデンハムスターは、ペットとして人気の高い小動物の一種です。その愛らしい容姿と飼いやすさから、多くの人に愛されています。今回は、ゴールデンハムスターの発見の歴史や特徴、寿命、相場などについて詳しく解説します。

スポンサーリンク

ゴールデンハムスターの発見

ゴールデンハムスターが発見されたのは、1930年のことでした。シリアの砂漠地帯で、イスラエルの動物学者によって発見されました。当時、ゴールデンハムスターは野生のハムスターとして知られていましたが、その後、ペットとしての人気が高まり、世界中で飼育されるようになりました。

ゴールデンハムスターの特徴

ゴールデンハムスターは、体長が約15~18cm、体重が約120~150gの小型のハムスターです。その名の通り、金色の被毛が特徴的で、腹部は白色になっています。また、頬袋と呼ばれる口の両側にある袋があり、食べ物を一時的に貯めることができます。

ゴールデンハムスターは夜行性の動物で、主に夜間に活動します。また、単独で生活することを好む性質があるため、複数のハムスターを同じケージで飼育することは避けた方が良いでしょう。

ゴールデンハムスターの寿命と相場

ゴールデンハムスターの寿命は、平均して2~3年程度です。適切な飼育環境と食事を与えることで、3年以上生きることもあります。

ゴールデンハムスターの相場は、ペットショップやブリーダーによって異なりますが、通常は2,000円~5,000円程度です。ただし、希少な色や柄のハムスターは、より高価になる場合もあります。

ゴールデンハムスターの飼育のポイント

ゴールデンハムスターを飼育する際は、以下のポイントに注意しましょう:

  • 適切な大きさのケージを用意する(横幅60cm以上が理想的)
  • ハムスター用の餌を与える(種子やペレットなど)
  • 新鮮な水をいつでも飲めるようにする
  • 定期的にケージを掃除する(週に1回程度)
  • ストレスを溜めないように、十分な運動やおもちゃを与える

以上が、ゴールデンハムスターの発見の歴史や特徴、寿命、相場、飼育のポイントについての解説です。ゴールデンハムスターは、適切な飼育環境を整えることで、長く健康に暮らすことができる愛らしいペットです。ぜひ、この記事を参考にして、ゴールデンハムスターとの幸せな生活を始めてみてください。

タイトルとURLをコピーしました