トランプはいつからある?どこの国発祥?日本にはいつ伝わった?歴史と起源をわかりやすく解説。

トランプ

トランプは、世界中で親しまれているカードゲームの道具です。その歴史は古く、起源は諸説ありますが、現在のような形になるまでには長い年月を経ています。本記事では、トランプの誕生から現代に至るまでの歴史を詳しく解説します。

スポンサーリンク

起源と伝播

トランプの起源は、中国の唐の時代(618年~907年)にさかのぼると言われています。当時の中国では、「葉子(ようす)」と呼ばれる紙製のカードが使用されていました。これが、トランプの原型とされています。

その後、紙製のカードは中央アジアを経由してペルシャに伝わり、イスラム世界で「ナイプ」と呼ばれるようになりました。ナイプは、現在のトランプとよく似たデザインで、4つのスート(柄)を持っていました。

ヨーロッパへの伝来

14世紀になると、イスラム世界からトランプがヨーロッパに伝わりました。最初に伝来したのはイタリアで、「ナイビ」と呼ばれていました。その後、トランプはフランスやドイツ、スペインなどのヨーロッパ各地に広がっていきます。

現在のトランプの原型となったのは、15世紀のフランスで作られた「フレンチデック」です。このデックは、ハート、ダイヤ、クラブ、スペードの4つのスートを持ち、各スートにはキング、クイーン、ジャックのコートカードが含まれていました。

日本への伝来

日本にトランプが伝わったのは、16世紀の中頃とされています。ポルトガル人の宣教師によって伝えられたと考えられており、当時は「外様札(とづらふだ)」と呼ばれていました。

江戸時代には、「かるた」という日本独自のカードゲームが発展しました。かるたは、百人一首を題材にしたもので、トランプとは異なる独自の発展を遂げました。

現代のトランプ

19世紀になると、アメリカを中心に様々なトランプのデザインが生み出されました。現在、世界で最も広く使用されているのは、アメリカの「ライダーバック」と呼ばれるデザインのトランプです。

日本では、任天堂が1902年からトランプの製造を始めました。現在では、様々なデザインのトランプが製造・販売されており、多くの人に親しまれています。

トランプは、長い歴史を経て現在の形に至りました。その起源は古代中国にさかのぼり、シルクロードを通じて世界中に伝播しました。現在では、様々なゲームに用いられ、世界中の人々に愛されています。トランプの歴史は、人類の文化交流の歴史でもあるのです。

タイトルとURLをコピーしました