幕内って何?中学生でもわかる!相撲の序列

スポンサーリンク

相撲は日本の国技として知られていますが、その階級制度である「序列」について詳しく知らない人も多いのではないでしょうか。中学生でもわかるように、相撲の序列、特に最高位の「幕内」について説明します。

スポンサーリンク

相撲の序列とは?

相撲の序列とは、力士の強さや成績に応じて決められた階級のことです。力士は、この序列を上げることを目指して日々稽古に励んでいます。序列は、毎場所(年に6回開催される大会)の成績によって変動します。

相撲の序列一覧

以下の表は、相撲の序列を上から下へ順に並べたものです。

序列備考
幕内横綱(よこづな)最高位、横綱審議委員会によって認定
大関(おおぜき)横綱の下位、10勝以上の好成績が必要
関脇(せきわけ)大関の下位、東西各1名
小結(こむすび)関脇の下位、東西各2名
前頭(まえがしら)小結の下位、前頭1枚目~前頭16枚目
十両幕内との入れ替えが頻繁に行われる
幕下十両への昇進を目指す
三段目幕下の下に位置する
序二段三段目の下に位置する
序ノ口序二段の下に位置する
前相撲幕下格付出世興行の一番下の地位

幕内について

幕内は、相撲の序列の中で最も高い位置にあります。幕内力士は、番付(順位表)の中で、東西に分かれて記載されます。幕内には、約40名の力士が所属しています。

幕内力士は、土俵入りの際に、化粧まわしと呼ばれる豪華な装飾が施されたまわしを着用することができます。また、給与も他の力士に比べて高く、人気力士になれば、スポンサーからの支援も受けられます。

幕内の中での序列

幕内の中でも、さらに細かい序列があります。横綱、大関、関脇、小結、前頭の順に位が高くなります。

  • 横綱:最高位で、横綱審議委員会によって認定された力士のみがなることができます。
  • 大関:横綱の下位で、10勝以上の好成績を収めることが求められます。
  • 関脇:大関の下位で、東西各1名が就く位です。
  • 小結:関脇の下位で、東西各2名が就く位です。
  • 前頭:小結の下位で、前頭1枚目から16枚目までに分かれています。

新入幕優勝とは?

新入幕優勝とは、初めて幕内に上がった力士が、そのデビュー場所で優勝することを指します。この快挙は非常に稀で、新入幕の力士が優勝するのは大正3年の元関脇・両國以来で、なんと110年ぶりです。

新入幕優勝を達成するためには、初土俵から幕内まで駆け上がるスピードと、幕内力士に負けない実力が必要とされます。新入幕優勝は、相撲界の歴史に名を刻む快挙として、大きな注目を集めるのです。

まとめ

相撲の序列、特に最高位の幕内について説明しました。中学生の皆さんにも、相撲の序列について理解を深めてもらえたら嬉しいです。相撲は日本の伝統文化であり、力士たちの熱戦は多くの人を魅了しています。皆さんも機会があれば、ぜひ相撲観戦にチャレンジしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました