なぜ桜の花はすぐ散る?桜の種類で開花と散る時期は違う?調べてみた。

スポンサーリンク

春といえば桜。ピンク色の可憐な花を咲かせる桜はとても綺麗です。しかし、桜の花はあっという間に散ってしまいます。なぜ桜はすぐに散るのでしょうか?この記事では、桜の花が短い期間で散る理由について、科学的な視点から解説します。さらに、代表的な桜の品種であるソメイヨシノ、八重桜、枝垂れ桜、河津桜の特徴や開花時期、散るまでの期間についても比較していきます。

スポンサーリンク

桜の花びらが散る仕組み

桜の花びらが散る仕組みは、「離層」という特殊な細胞層が関係しています。離層は、花びらを枝につなぎ止めている部分に存在します。桜の花が咲き始めてから時間が経つと、この離層の細胞が分解されて、花びらと枝の間の結合が弱くなります。そして、風や雨によって花びらが簡単に落ちてしまうのです。この仕組みは、品種によって大きな違いはありません。

開花から何日くらいで散る?

桜の花が咲いてから散るまでの期間は、品種や気象条件によって異なります。ここでは、ソメイヨシノ、八重桜、枝垂れ桜、河津桜の特徴と開花から散るまでの期間を比較してみましょう。

ソメイヨシノ

ソメイヨシノは、日本で最も一般的な桜の品種です。4月上旬から中旬にかけて開花し、約1週間で満開になります。満開から約1週間で散り始め、さらに約1週間で散り終わります。

八重桜

八重桜は、ソメイヨシノよりも少し遅く、4月中旬から下旬に開花します。満開までに約10日かかり、散り始めるまでに約1週間、散り終わるまでにさらに約1週間かかります。

枝垂れ桜

枝垂れ桜は、枝が美しく垂れ下がる品種です。ソメイヨシノよりも少し早く、3月下旬から4月上旬に開花します。満開までに約10日、散り始めるまでに約1週間、散り終わるまでにさらに約1週間かかります。

河津桜

河津桜は、早咲きの桜として知られ、2月下旬から3月上旬に開花します。満開までに約2週間、散り始めるまでに約1週間、散り終わるまでにさらに約1週間かかります。

品種開花時期満開までの期間散り始めまでの期間散り終わるまでの期間開花から散るまでの期間
ソメイヨシノ4月上旬~中旬約1週間約1週間約1週間約3週間
八重桜4月中旬~下旬約10日約1週間約1週間約4週間
枝垂れ桜3月下旬~4月上旬約10日約1週間約1週間約4週間
河津桜2月下旬~3月上旬約2週間約1週間約1週間約4週間

短い花期に隠された桜の生存戦略

桜の花期が短いのは、生存戦略の一つとも考えられています。桜は、他の植物との競争が激しい早春に花を咲かせます。短期間で一斉に花を咲かせ、花粉を散布することで、効率的に繁殖することができるのです。また、花びらが散ることで、果実の成長に必要な栄養分を確保することができます。この戦略は、品種によって多少の違いはありますが、基本的には同じです。

人間との関わりから見える桜の姿

儚くも美しい桜の姿は、昔から人生の無常を表す象徴としても捉えられてきました。散り際の美しさを愛でる「花見」の文化は、桜の儚さへの共感から生まれたのかもしれませんね。また、散った花びらが絨毯のように地面を覆う様子は、死と再生のイメージを連想させ、日本人の美意識に深く根ざしているのです。

まとめ

桜が散るのは、離層の働きと生存戦略が関係していました。開花から散るまでの期間は品種によって異なりますが、ソメイヨシノ、八重桜、枝垂れ桜、河津桜のいずれも、約3週間から4週間ほどです。次に桜を見るとき、その儚さの背景にある仕組みや意味を思い出してみてください。きっと今まで以上に、桜の美しさを感じられるはずです。

タイトルとURLをコピーしました