小学生でもわかる!震度とマグニチュードの違いと関係を3分で解説。

スポンサーリンク

地震の大きさを表す指標として、「震度」と「マグニチュード」という言葉をよく耳にします。でも、この2つの違いや関係を正しく理解している人は意外と少ないのです。今回は、小学生にもわかりやすく、震度とマグニチュードの違いと関係を3分で解説します!

スポンサーリンク

震度とは?

震度は、ある地点で感じた地震の揺れの強さを表す指標です。日本では、気象庁が定めた10段階の震度階級で表現されます。震度0から震度7までの10段階で、数字が大きいほど揺れが強いことを示します。

マグニチュードとは?

マグニチュードは、地震そのものの大きさ(エネルギー)を表す指標です。地震のエネルギーを計算して求められる値で、地震の規模を表します。マグニチュードは、数字が1つ大きくなるごとに、地震のエネルギーは約32倍になります。

震度とマグニチュードの関係

震度とマグニチュードは、どちらも地震の大きさを表す指標ですが、表しているものが異なります。マグニチュードが同じでも、震源からの距離や地盤の状況によって、震度は場所ごとに異なります。つまり、同じマグニチュードの地震でも、震源に近い場所では震度が大きく、遠い場所では震度が小さくなります。

まとめ

震度とマグニチュードの違いと関係をまとめると以下のようになります:

  • 震度は、ある地点で感じた地震の揺れの強さを表す指標
  • マグニチュードは、地震そのものの大きさ(エネルギー)を表す指標
  • マグニチュードが同じでも、震源からの距離や地盤の状況によって震度は異なる

地震の大きさを理解するには、震度とマグニチュードの両方を知ることが大切です。この記事を読んで、震度とマグニチュードの違いと関係が理解できたでしょうか?地震に備えて、正しい知識を身につけておきましょう!

(防災士柳原志保氏と共同開発) Qbit いつでも簡単トイレ 簡易トイレ 50回分 携帯トイレ 防災トイレ 非常用 防災グッズ 災害用 15年保存 防災士 監修 手袋 便器カバー 防臭袋 お試しセット付き
Qbit
¥3,980(2024/04/17 08:17時点)
【50回分なのにコンパクト】Qbitの簡易トイレはいつでも簡単に使用できることをコンセプトにしています。50回分で、A4サイズ、厚さ8.5cmと本棚においておくことができるコンパクトサイズの非常用トイレです。すぐに取り出して使い、またすぐに戻すことができます。場所をとらず邪魔にならないため、防災用品として備蓄しておくのに最適です。
タイトルとURLをコピーしました