凧揚げの名前の由来は?日本にはいつ伝わった?いつからあるの?わかりやすく解説します。

凧揚げ
スポンサーリンク

凧揚げとは?

凧揚げは、風の力を利用して凧を空高く飛ばす遊びや競技のことを指します。凧は、竹や木の枠に紙や布を張って作られ、糸を使って操作します。凧揚げは、世界中で古くから親しまれてきた伝統的な遊びの一つです。

凧揚げの起源

凧の起源については諸説ありますが、中国が発祥地とされることが多いです。中国の春秋時代(紀元前770年~紀元前476年)に、魯班という人物が木の鳥を作って飛ばしたのが凧の始まりと言われています。その後、戦国時代に軍事利用され、唐の時代には民間でも広く凧が飛ばされるようになったと考えられています。

日本への伝来

日本に凧が伝わったのは、奈良時代(710年~784年)と言われています。中国から仏教とともに伝えられた可能性が高く、当初は宗教的な意味合いが強かったようです。平安時代になると、貴族の間で凧揚げが流行し、江戸時代には庶民の娯楽としても定着しました。

凧揚げの英語表現

凧揚げは英語で「kite flying」と表現します。凧そのものは「kite」と呼ばれます。日本の伝統的な凧の一つである「和凧(わだこ)」は、「Japanese kite」や「Wa-dako」と表現されることがあります。

世界の凧揚げ

凧揚げは世界各地で独自の発展を遂げました。インドネシアのバリ島では、凧揚げが重要な儀式として位置づけられ、巨大な凧が用いられます。タイでは、凧揚げ祭りが盛大に行われ、色鮮やかな凧が空を舞います。

ヨーロッパでは、18世紀に科学実験の一環として凧が用いられました。アメリカのベンジャミン・フランクリンは、凧を使って雷の電気を実証したことで知られています。

現代の凧揚げ

現代では、凧揚げは子供の遊びとしてだけでなく、競技やアート、科学実験など多様な形で親しまれています。凧揚げ大会が各地で開催され、巨大な凧や芸術的な凧が出品されます。また、カイトボーディングやカイトサーフィンといった新しいスポーツも生まれました。

まとめ

凧揚げは、中国を起源とする古くからの遊びで、日本には奈良時代に伝わったと考えられています。英語では「kite flying」と表現され、世界各地で独自の発展を遂げてきました。現代では、競技やアート、スポーツなど多様な形で親しまれる凧揚げ。古くから受け継がれてきた文化を大切にしつつ、新しい楽しみ方を探求していくことが大切ですね。

カイト 凧 デルタカイト カラフルカイト たこあげ 子供、大人 と初心者のための凧 三角凧 凧揚げ 微風で揚がる 緑野
Mint's Colorful Life
¥2,000(2024/05/18 09:58時点)
【微風で揚がる】:最もシンプルでクラシックな三角形凧で、初心でも簡単に飛ばすことができます。緑を中心色として、青青とした野原のような自然の感じです。それほど風が強くない日でも飛ぶので、子供でも簡単に遊ぶ事が出来ます。お値段以上の耐久性が持っています。
タイトルとURLをコピーしました