いかのぼりと凧揚げの意外な関係:江戸時代の凧揚げ禁止令とは

いかのぼり

江戸時代、庶民の間で凧揚げが大流行したことをご存知でしょうか。しかし、その人気が高じたあまり、幕府は凧揚げを禁止する政策を打ち出しました。一部の人々は、禁止令を逃れるために「いかのぼり」と称して凧揚げを続けたと言われています。今回は、いかのぼりと凧揚げの意外な関係性や、江戸時代の凧揚げ禁止令の歴史的意義について探ります。

江戸時代の凧揚げ禁止令

江戸時代、幕府が凧揚げを禁止したのは事実です。凧揚げが庶民の間で大流行したことで、以下のような問題が生じたためです。

賭博の横行

凧揚げを賭けの対象とする賭博が横行し、社会問題化しました。幕府は、賭博による治安の悪化を懸念し、凧揚げを禁止する政策を打ち出しました。

火事の危険性

江戸の町並みは木造建築が密集しており、火事のリスクが高い環境でした。凧揚げで使う糸が切れて凧が飛ばされると、屋根に引っかかって火事の原因になる危険性がありました。

いかのぼりを使った抜け道

幕府の禁止令を受けて、一部の人々は「いかのぼり」と称して凧揚げを続けたと言われています。いかのぼりは鯉の吹き流しを指すのが一般的ですが、当時は凧揚げを指す言葉としても使われていたようです。

しかし、いかのぼりを使った抜け道は、禁止令の趣旨を損なうものでした。幕府は、いかのぼりと称した凧揚げも取り締まりの対象としたと考えられます。

凧揚げ禁止令の歴史的意義

凧揚げ禁止令は、江戸時代の幕府が庶民の生活に介入した事例の一つとして知られています。幕府は、賭博や火事のリスクを理由に、庶民の娯楽を制限しました。

この政策は、幕府の権力の強さを示すと同時に、庶民の生活を統制しようとする為政者の姿勢を反映したものでもありました。凧揚げ禁止令は、江戸時代の社会状況を理解する上で重要な歴史的事実と言えるでしょう。

現代のいかのぼりと凧揚げ

現代では、いかのぼりは子供の健康と成長を願って飾る鯉のぼりを指し、凧揚げは遊びや競技を指す言葉として使い分けられています。江戸時代のように、いかのぼりが凧揚げを指す言葉として使われることはほとんどありません。

また、現代の凧揚げは、江戸時代とは異なり、安全面に十分な配慮がなされています。火事のリスクが高い場所での凧揚げは避けられ、切れにくい糸の使用が推奨されるなど、楽しみながらも安全に配慮した凧揚げが行われています。

まとめ

江戸時代に幕府が凧揚げを禁止したのは事実です。賭博の横行や火事のリスクが理由でした。一部の人々は、いかのぼりと称して凧揚げを続けたと言われています。

凧揚げ禁止令は、幕府の権力の強さと庶民の生活への介入を示す歴史的事実です。現代では、いかのぼりと凧揚げは異なる意味で使われ、安全面に配慮した凧揚げが行われています。

歴史を振り返ることで、いかのぼりと凧揚げの関係性や、江戸時代の社会状況について理解を深めることができます。同時に、現代における安全で楽しい凧揚げのあり方を考えるきっかけにもなるでしょう。

カイト 凧 デルタカイト カラフルカイト たこあげ 子供、大人 と初心者のための凧 三角凧 凧揚げ 微風で揚がる 緑野
Mint's Colorful Life
¥2,000(2024/05/23 16:06時点)
【微風で揚がる】:最もシンプルでクラシックな三角形凧で、初心でも簡単に飛ばすことができます。緑を中心色として、青青とした野原のような自然の感じです。それほど風が強くない日でも飛ぶので、子供でも簡単に遊ぶ事が出来ます。お値段以上の耐久性が持っています。
タイトルとURLをコピーしました