韓国海苔と日本の海苔はどう違う?製法から味付け、用途まで一目でわかる解説

スポンサーリンク

韓国海苔と日本の海苔の違いを知りたい人必見!この記事では、製法や味付け、食感、栄養価、用途など、両者の違いを一目でわかるようにまとめました。それぞれの特徴を理解して、自分好みの海苔を見つけるための参考にしてください。

オリオンジャコー どっさり韓国のり うましお味 120枚 ×2袋
オリオンジャコー
¥1,188 (¥594 / 袋)(2024/04/14 16:52時点)
保管のしやすいスタンドパック
スポンサーリンク

製法の違い

まず、韓国海苔と日本の海苔の製法の違いに注目しましょう。韓国海苔は、原藻を細かく裁断し、板状に加工したものを乾燥させて作ります。一方、日本の海苔は、原藻を細かく刻んだ後、すりつぶして液状にし、それを薄く伸ばして乾燥させる「抄く」という工程を経て作られます。この製法の違いが、食感の違いにつながっているのです。

韓国海苔と日本の海苔の比較表

項目韓国海苔日本の海苔
製法原藻を細かく裁断し、板状に加工して乾燥原藻を細かく刻んですりつぶし、液状にして薄く伸ばして乾燥(抄く)
味付けごま油の風味が強く、コクのある濃い味付け素材本来の旨味を生かした上品な薄味
食感パリッとしたしっかりとした歯ごたえ薄くて口の中でホロリと溶ける繊細な食感
栄養価ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富
カロリー・塩分味付けが濃いめなので、やや高め薄味なので、比較的低め
調理法・用途キンパ(海苔巻き)、ラーメンやチャーハンのトッピング、おつまみお寿司、手巻き寿司、おにぎり、味付け海苔

味付けと食感の違い

製法の違いが食感に影響を与えていることがわかりましたね。韓国海苔は原藻を裁断して作るため、パリッとしたしっかりとした歯ごたえが特徴です。また、ごま油の風味が効いた濃い味付けも魅力的。対する日本の海苔は、原藻をすりつぶして薄く伸ばすため、口の中でホロリと溶ける繊細な食感が楽しめます。味付けは素材の旨味を生かした薄味が基本です。

栄養価とカロリー・塩分の違い

栄養面では、韓国海苔も日本の海苔も、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。ただし、韓国海苔は味付けが濃いめなので、カロリーや塩分が日本の海苔と比べて少し高めになる傾向があります。

調理法と用途の違い

調理法と用途にも違いが見られます。韓国海苔は、キンパ(海苔巻き)が定番の食べ方で、ラーメンやチャーハンのトッピング、おつまみとしても人気。一方、日本の海苔は、お寿司や手巻き寿司、おにぎりに欠かせない存在です。また、味付け海苔としてそのまま食べるのもおすすめ。

まとめ

韓国海苔と日本の海苔の違いを、製法や味付け、食感、栄養価、調理法・用途の面から比較してみました。製法の違いが食感の違いに影響していることがわかりましたね。濃い味付けとパリッとした食感が特徴の韓国海苔、薄味と繊細な食感が魅力の日本の海苔。それぞれの特徴を理解して、自分の好みに合う海苔を選んでください。

大野海苔 味付け卓上のり 6本詰
大野海苔
¥3,641 (¥607 / 個)(2024/04/14 16:52時点)
原材料:乾のり、しょう油(大豆、小麦を含む)、砂糖、干しえび、昆布、かつお節、みりん、食塩、清酒、香辛料、調味料(アミノ酸等)、甘味料(甘草)
タイトルとURLをコピーしました