担々麺のカロリーは高いの?ゴマが入っているから栄養価は高い?健康的に食べるコツも紹介

スポンサーリンク

担々麺は、中国四川省発祥の辛くて香り高い麺料理で、日本でも大人気です。しかし、その美味しさの一方で、「担々麺のカロリーが高い」「ゴマを使っているから栄養満点?」など、健康面での疑問や意見が聞かれます。そこで、この記事では担々麺のカロリーと栄養価を詳しく解説し、健康的に食べるコツも紹介します。

日清食品 日清麺職人 担々麺 カップ麺 100g×12個
日清麺職人
¥2,012 (¥168 / 個)(2024/04/18 07:21時点)
原材料:めん(小麦粉(国内製造)、小麦全粒粉、食塩、小麦胚芽、植物油脂、卵粉、しょうゆ、大豆食物繊維、チキン調味料)、スープ(みそ、たん白加水分解物、ポークエキス、糖類、豚脂、植物油脂、香辛料、食塩、香味油、酵母エキス)、かやく入りスープ(ごま、味付肉そぼろ、食塩、糖類、ねぎ、香辛料)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、かんすい、増粘多糖類、炭酸Ca、カロチノイド色素、セルロース、香辛料抽出物、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、乳化剤、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・落花生・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)
スポンサーリンク

担々麺のカロリー

担々麺のカロリーは、具材や調味料によって大きく変わります。一般的な一食分は約500〜800キロカロリーと、やや高めです。これは、豚挽肉の量やゴマペースト、ラードの使用量などが影響しています。カロリーが気になる方は、具材の選び方や量に注意が必要でしょう。

ゴマの栄養価

担々麺に欠かせないゴマは、実は栄養の宝庫です。ゴマには以下のような豊富な栄養素が含まれています。

  • ビタミンE:健康的な肌や髪を維持
  • カルシウム、鉄分、マグネシウム:骨の健康や神経機能をサポート
  • セサミン:抗酸化作用で健康維持に貢献

担々麺に使われるゴマは、カロリーが高い一方で、これらの優れた栄養素も摂取できるのです。

ゴマについては別の記事に超詳しく書きましたので御覧ください。

担々麺の健康的な食べ方

担々麺を健康的に楽しむには、以下のようなポイントに気をつけましょう。

  • バランスの良い食事の一部として食べる
  • 野菜をたっぷりとトッピングし、食物繊維を摂取
  • 辛さのレベルを調整し、自分に合った味を楽しむ
  • ゴマなどの栄養価の高い食材を無駄にしない

カロリーが気になるからといって、ゴマのような栄養豊富な食材を避けるのはもったいありません。上手に取り入れることが大切です。

結論

担々麺は、カロリーが高めですが、ゴマなどの栄養価の高い食材も使われています。バランスの取れた食事の一部として、野菜を多く取り入れながら楽しむことで、健康的な食生活に取り入れることができるでしょう。担々麺の美味しさだけでなく、栄養面にも目を向けて、上手に付き合っていきましょう。

ちなみにカップ麺ではこの下にリンクを貼ってある日清の担々麺が今まで食べた中で最強でした!

日清食品 カップヌードル 担担 [花椒とゴマ香るコク旨たんたん] カップ麺 87g×20個
カップヌードル
¥4,573 (¥229 / 個)(2024/04/18 07:21時点)
油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、糖類、しょうゆ、チキンエキス、ポークエキス、香味調味料、ポーク調味料)、スープ(豚脂、糖類、でん粉、クリーミングパウダー、小麦粉、ねりごま、すりごま、ポーク調味料、香辛料(にんにく、唐辛子、花椒、しょうが、胡椒)、植物性たん白、食塩、たまねぎ、脱脂大豆粉、大豆粉末、粉末しょうゆ、ピーナッツバター、酵母エキス)、かやく(ごま、カシューナッツ、ザーサイ、味付豚ミンチ、チンゲン菜)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、炭酸Ca、香料、かんすい、カロチノイド色素、酸味料、増粘多糖類、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、シリコーン、くん液、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・落花生・カシューナッツ・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)
タイトルとURLをコピーしました