餃子は完全食って本当?足りない栄養素は何?

スポンサーリンク

餃子は完全栄養食である、という話を聞いたはありませんか?今回は餃子が本当に「完全食」と言えるほどの栄養価を持っているかどうかを調べ、餃子だけで接種できる栄養素、足りない栄養素を簡単にわかりやすく説明します。

スポンサーリンク

餃子の栄養成分とは?

前提として、餃子は中身の具材によって栄養価が大きく変わります。一般的には豚肉、キャベツ、ニラ、ショウガなどが使用されるます。ここでは、これらの食材の栄養素をまとめます。

食材栄養素
豚肉たんぱく質、ビタミンB1、B12、鉄分
キャベツビタミンC、K、食物繊維
ニラビタミンA、C
ショウガ鉄分、カリウム、ビタミンC
餃子の皮炭水化物、たんぱく質

以上のことから餃子はタンパク質、ビタミン、鉄分、食物繊維、炭水化物などを接種できる、かなり優秀な料理であることがわかります。しかし、完全食とは、人が必要とする全ての栄養素をバランス良く含む食品です。では、餃子は完全食と言えるのでしょうか?

餃子は完全食ではない

残念ながら、餃子を完全食と呼ぶには、いくつかの栄養素が不足しています。具体的には、餃子には以下の栄養素が足りない場合が多いです。

不足している栄養素役割・重要性
オメガ3脂肪酸心臓病リスクを下げ、脳の健康を支える
カルシウム骨の健康と成長に必要
食物繊維(量が足りない)消化を助け、心臓病や2型糖尿病のリスクを低減

これらの栄養素は、餃子の一般的な材料では不足しがちです。そのため、餃子を食べる際には、これらの栄養素を豊富に含む料理と合わせて食べることが大切です。例えば、オメガ3脂肪酸は魚類、カルシウムは乳製品や緑黄色野菜、食物繊維は全粒穀物や豆類に豊富に含まれています。

まとめ

餃子は多くの必要な栄養が含まれた、大変美味しい料理ですが、完全食とまでは言えません。餃子を食べる際には、足りない栄養素を補うために、他の料理と組み合わせることが大切です。バランスの取れた食事は、健康維持に欠かせない要素です。餃子を楽しみつつ、栄養バランスを意識した食生活を心がけましょう。

CJジャパン 王餃子(肉&野菜)1kg
bibigo
¥1,812 (¥62 / 個)(2024/04/14 16:00時点)
冷凍
タイトルとURLをコピーしました