東京メトロで一番古い路線は何?東京メトロの全路線の開業時期をまとめてみた。

スポンサーリンク

東京メトロは、東京都区部を中心に9つの路線を運営している地下鉄事業者です。それぞれの路線には長い歴史があり、開業時期もさまざまです。この記事では、東京メトロの全路線の開業時期を時系列でまとめ、一番古い路線について詳しく解説します。

スポンサーリンク

東京メトロの路線と開業時期一覧

以下は、東京メトロの各路線の開業時期を古い順に並べたものです(カッコ内は開業当時の路線名)。

  • 銀座線(東京地下鉄道線):1927年12月30日
  • 丸ノ内線(丸ノ内線):1954年1月20日
  • 日比谷線(日比谷線):1961年8月28日
  • 東西線(東西線):1964年12月23日
  • 千代田線(常磐線):1969年12月20日
  • 有楽町線(有楽町線):1974年12月28日
  • 半蔵門線(半蔵門線):1978年9月30日
  • 南北線(南北線):1991年11月29日
  • 副都心線(副都心線):2008年6月14日

東京メトロで最も古い路線は銀座線

東京メトロで最も古い路線は、1927年12月30日に開業した銀座線(当時の東京地下鉄道線)です。この路線は、上野と浅草を結ぶ日本初の地下鉄として開業しました。当初は上野駅から浅草橋駅までの2.2kmを結ぶ路線でしたが、その後順次延伸され、現在は浅草駅から渋谷駅までの14.3kmを結んでいます。

銀座線は、東京の中心部を東西に貫く重要な路線であり、銀座や上野などの主要な繁華街や観光地を通っています。また、浅草駅や上野駅では、他の鉄道路線との乗り換えが可能です。

まとめ

東京メトロの路線は、1927年の銀座線の開業から始まり、2008年の副都心線の開業まで、約80年にわたって順次開業してきました。それぞれの路線には、東京の発展とともに歩んできた歴史があります。

東京メトロで最も古い路線である銀座線は、日本の地下鉄の歴史の出発点であり、現在も東京の大動脈として重要な役割を果たしています。東京を訪れた際には、ぜひ銀座線に乗って、その歴史を感じてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました