塩麹(しおこうじ)って何?どうやって作る?何に使えるのか簡単解説!

スポンサーリンク

「塩麹(しおこうじ)」という言葉を聞いたことがありますか?近年、テレビや雑誌で注目されている塩麹は、料理を手軽に美味しくする万能調味料として人気を集めています。今回は、塩麹の正体や作り方、使い方などを詳しく紹介します。

【お徳用】マルコメ プラス糀 生塩糀 400g×5個
マルコメ
¥1,889 (¥1 / グラム)(2024/04/17 11:56時点)
内容量:400g×5個
スポンサーリンク

塩麹とは?

塩麹は、塩と麹、水を混ぜて発酵させた調味料です。塩の割合は約10%程度で、麹と水を加えて混ぜ合わせ、常温で1週間から1ヶ月ほど発酵させます。発酵の過程で、麹の酵素が塩の旨みを引き出し、まろやかな味わいに変化させるのです。

塩麹は、日本の伝統的な発酵調味料の一つで、古くから肉や魚の保存や下味付けに使われてきました。近年は、その旨みと健康効果が注目され、家庭でも手軽に作れるようになりました。

塩麹の作り方

塩麹は、自宅で簡単に作ることができます。材料は、米麹、塩、水の3つだけ。米麹と塩を1:1の割合で混ぜ、水を加えてよく混ぜ合わせます。水の量は、米麹と塩の合計量の半分程度が目安です。

混ぜ合わせた材料を清潔な容器に入れ、常温で1週間から1ヶ月ほど発酵させます。発酵中は、1日1回程度かき混ぜて、麹の酵素を均一に行き渡らせましょう。発酵が進むと、塩麹はドロっとした状態になります。

塩麹の使い方

塩麹は、肉や魚のマリネ、野菜の漬物、炒め物の調味料など、さまざまな料理に使えます。塩麹を使うことで、素材の旨みを引き出し、まろやかな味わいに仕上げることができるのです。

例えば、鶏肉を塩麹に漬け込んでから焼くと、柔らかくジューシーに仕上がります。野菜を塩麹で漬けると、塩漬けとは違う、まろやかな味わいの漬物ができあがります。炒め物に塩麹を加えると、旨みがアップして、少ない調味料でも満足感のある味に仕上がりますよ。

まとめ

塩麹は、塩と麹、水を混ぜて発酵させた万能調味料です。自宅で簡単に作れ、肉や魚、野菜など、さまざまな料理に使えます。塩麹を使うことで、素材の旨みを引き出し、まろやかな味わいに仕上げることができます。

塩麹は、ヘルシーで美味しい料理を手軽に作れる魔法の調味料です。みなさんも、塩麹を作って、いろいろな料理に活用してみてください。きっと、料理の幅が広がり、食卓がさらに楽しくなるはずです。塩麹の魅力を、ぜひ体験してみてくださいね。

海の精 有機塩麹 170g
海の精
¥648 (¥4 / グラム)(2024/04/17 11:56時点)
内容量:170g

麹についての解説はこちら↓

タイトルとURLをコピーしました