警報級の大雨ってどのくらい?わかりやすい例えと警報発表の基準を解説!

スポンサーリンク

大雨警報や特別警報など、警報級の大雨に関する情報をニュースでよく耳にしますが、実際にどの程度の雨なのか想像しにくいですよね。このブログでは、警報級の大雨がどのくらいの量なのか、わかりやすい例えと共に解説します。また、警報が発表される基準についても詳しく説明するので、大雨に備える際の参考にしてください。

スポンサーリンク

警報級の大雨の量

警報級の大雨は、1時間に80ミリ以上の激しい雨が降る状態を指します。この量は、わかりやすく例えると、一般的なバケツ1杯分の水が1時間でザーッと降ってくるようなものです。また、1日の雨量が150ミリを超えると、土砂災害の危険性が高まり、大雨特別警報が発表されることもあります。

大雨警報の基準

大雨警報は、1時間に80ミリ以上の激しい雨が降ると予想される場合や、3時間雨量が100ミリを超えると予想される場合などに発表されます。また、長時間にわたって降り続く雨で、24時間雨量が100ミリ以上になると予想される場合にも警報が出ることがあります。この基準は地域によって多少異なるので、自分の住んでいる地域の基準を確認しておくことが大切です。

大雨による被害と備え

警報級の大雨は、河川の氾濫や土砂崩れ、浸水被害など、甚大な被害をもたらす可能性があります。大雨が予想される際は、自治体から発表される避難情報に注意し、早めの行動を心がけましょう。日頃から、非常用持ち出し袋を準備したり、避難経路を確認したりしておくことも大切です。

大雨の際の注意点

警報級の大雨が降っている時は、不要不急の外出は控えましょう。やむを得ず外出する際は、冠水した道路の通行は避け、増水した河川には近づかないようにします。また、土砂災害の危険性がある地域にお住まいの方は、がけ近くの移動は控えるなど、十分な注意が必要です。

まとめ

警報級の大雨は、1時間に80ミリ以上の激しい雨が降る状態で、バケツ1杯分の水が1時間でザーッと降ってくるようなものです。大雨による被害を防ぐためには、日頃からの備えと、警報発表時の適切な行動が大切。自分の住んでいる地域の警報基準を把握し、大雨に備えましょう。

タイトルとURLをコピーしました