釜玉うどんって何?名前の由来は?

釜玉うどん

釜玉うどんの定義と特徴

釜玉うどんは、讃岐うどんの一種で、温かいうどんの上に生卵を落とし、出汁醤油と一緒に絡めて食べる料理です。釜揚げうどんにとろっとした生卵をからめることで、まろやかでコクのある味わいが加わります。

具材は基本的にシンプルで、麺と生卵、出汁醤油のみですが、好みでネギや天かすなどを加えることもあります。釜玉うどんは、讃岐うどんの中でも人気の高いメニューの一つです。

釜玉うどんの名前の由来

釜玉うどんの「釜玉」という名前は、「釜」と「玉子」を組み合わせた言葉です。「釜」は釜揚げうどんを指し、「玉子」は生卵を意味します。つまり、釜揚げうどんに生卵を加えた料理という意味で、釜玉うどんと名付けられました。

この名前は、1950年代に香川県高松市の「山田家」といううどん店で生まれたと言われています。当時、卵を入手するのが難しかったため、珍しい食べ方として人気を集めたそうです。

釜玉うどんの食べ方

釜玉うどんの食べ方は、非常にシンプルです。まず、熱々の釜揚げうどんを丼に盛り付けます。その上に、新鮮な生卵を割り入れます。卵は、うどんの熱でほどよく火が通ります。

次に、出汁醤油を全体にかけます。出汁醤油は、かつお節や昆布などから取った出汁に、醤油を加えて作ります。この出汁醤油が、うどんと卵の味を引き立てます。

最後にお箸を使って全体をよく混ぜ合わせます。卵とうどん、出汁醤油が絡み合って、まろやかでコクのある味わいが広がります。お好みで、刻みネギや天かすをトッピングしても美味しいです。

釜玉うどんの魅力

釜玉うどんの魅力は、何と言ってもその味わいです。コシのある讃岐うどんに、とろっとした半熟卵が絡み合い、出汁醤油の風味が加わることで、深みのある味わいが楽しめます。

また、具材がシンプルなので、麺の味を存分に楽しむことができるのも魅力の一つです。讃岐うどんは、小麦の風味が豊かで、もちもちとした食感が特徴です。釜玉うどんは、そんな讃岐うどんの美味しさを引き立ててくれます。

さらに、釜玉うどんは、見た目も美しい料理です。真っ白な丼に、黄色い卵と麺がきれいに盛り付けられ、出汁醤油をかけることで、艶やかな光沢が加わります。食欲をそそる見た目も、釜玉うどんの魅力と言えるでしょう。

まとめ

釜玉うどんは、讃岐うどんの中でも人気の高いメニューです。釜揚げうどんに半熟卵を絡めることで生まれる、まろやかでコクのある味わいが魅力です。「釜玉」という名前は、「釜揚げうどん」と「玉子」を組み合わせた言葉で、1950年代に香川県で生まれました。シンプルな具材ながら、讃岐うどんの美味しさを存分に楽しめる料理です。ぜひ一度、釜玉うどんを味わってみてください。

エバラ プチッとうどん 釜玉うどん (23g×4個) ×4袋
エバラ
¥994 (¥248 / 袋)(2024/05/28 15:26時点)
原材料:醤油(国内製造)、砂糖、みりん、食塩、アミノ酸液、鰹節エキス、発酵調味料、煮干エキス、醸造酢、鰹節、蛋白加水分解物、昆布エキス、さば節/調味料(アミノ酸等)、香料、増粘剤(キサンタンガム)、(一部に小麦・さば・大豆を含む)
タイトルとURLをコピーしました