「出世作」の意味や使い方、類語と使用例を徹底解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

出世作とは?

「出世作」とは、作家や芸術家が世に出るきっかけとなった作品のことを指します。その人の才能が広く認められ、一躍有名になるような代表作を指す言葉です。

出世作の意味と使い方

出世作は、以下のような意味で使われます。

  1. 作家や芸術家が一躍有名になるきっかけとなった作品
  2. その人の才能が広く認められた代表作
  3. キャリアの転機となった重要な作品

出世作は、小説家、画家、音楽家、俳優、映画監督など、様々な分野で使われる言葉です。その人の才能を世に知らしめ、成功へと導いた作品を指します。

出世作の類語

出世作には、以下のような類語があります。

  • 代表作
  • 傑作
  • 名作
  • 処女作(デビュー作)

これらの言葉は、いずれも作家や芸術家の優れた作品を表現していますが、出世作は特に、その人の才能が認められるきっかけとなった作品という意味合いが強いのが特徴です。

出世作の使用例

以下は、出世作の使用例です。

  1. 「『ノルウェイの森』は村上春樹の出世作といわれている」
  2. 「ピカソの出世作は、『アビニョンの娘たち』だと言われています」
  3. 「クエンティン・タランティーノ監督の出世作は、『パルプ・フィクション』です」

これらの例から分かるように、出世作は、その人の代表的な作品であり、キャリアの転機となった重要な作品を指す言葉として使われています。

まとめ

出世作とは、作家や芸術家が一躍有名になるきっかけとなった作品のことを指します。その人の才能が広く認められた代表作であり、キャリアの転機となった重要な作品という意味で使われます。類語には、代表作、傑作、名作、処女作などがあります。村上春樹の『ノルウェイの森』やピカソの『アビニョンの娘たち』など、様々な分野で出世作と呼ばれる作品があります。

出世作は、作家や芸術家にとって特別な意味を持つ作品であり、その人の才能を世に知らしめた記念すべき作品といえるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました