人身御供の意味と語源を徹底解説!正しい使い方や例文も紹介

スポンサーリンク

「人身御供(ひとみごくう)」という言葉を聞いたことがありますか?なんだか難しそうな言葉ですが、実は日常会話でも使われることがあるんです。でも、正確な意味や使い方を知らない人も多いのでは?このブログでは、「人身御供」の意味や語源、正しい使い方を詳しく解説します。

スポンサーリンク

人身御供の意味

人身御供とは、災いを避けるために、神様や権力者に人間をいけにえとして捧げることを指します。昔は、天災や病気などの災いを防ぐために、実際に人を生贄にしていたこともあったようです。現代では、比喩的に「個人の利益のために他人を犠牲にすること」という意味で使われることが多いです。

人身御供の語源

「人身御供」は、「ひとみごくう」と読みます。「人身」は人間の体、「御供」はお供えするものという意味です。つまり、人間の体を神様にお供えするという意味から来ています。なかなか物騒な語源ですね。

人身御供の使い方と例文

現代では、「人身御供」は比喩的に使われることが多いです。例えば、「部下を人身御供にして自分の責任を逃れる」という使い方。これは、上司が自分の責任を部下に押し付けて、部下を犠牲にしているという意味になります。他にも、「不正を隠すために誰かを人身御供にする」など、誰かを犠牲にして自分の利益を守る行為を指す時に使われます。

人身御供の類語

人身御供と似た意味の言葉に、「スケープゴート」があります。これは、元々は旧約聖書に出てくる「罪を背負わせて追放する山羊」のことを指していましたが、今では「責任を押し付けられる人」という意味で使われています。「身代わり」や「生贄」という言葉も、人身御供と似たニュアンスで使われることがあります。

まとめ

「人身御供」は、昔は文字通り人をいけにえにしていたことを指す言葉でしたが、現代では比喩的に「誰かを犠牲にして自分の利益を守ること」という意味で使われます。使い方や例文を覚えておくと、日常会話や文章の中で活用できますね。

タイトルとURLをコピーしました