賽銭で縁起の良い硬貨は5円玉?10円玉は避けるべき理由

スポンサーリンク

皆さんは神社やお寺でのお賽銭にはどの硬貨を入れていますか?実は硬貨には縁起の良い硬貨と、縁起の悪いと考えられている硬貨があります。この記事では、なぜ金額によって縁起の良し悪しがあると考えられているのかを簡潔に解説します。

スポンサーリンク

縁起が良いとされる5円玉

5円玉が縁起が良い硬貨とされる理由は、「5円」が「ご縁」の語呂合わせにあります。「ご縁がありますよう」とよく言うように、人や出会いといった縁だけでなく、運やチャンスに恵まれようにという意味から縁起が良いとされています。加えて、5円玉には中央に穴があいていますが、これは穴を通してその先を見ることができることから「見通しがよい」や「運気が通る」というポジティブな意味を持つと解釈されます。このため、5円玉を賽銭として使うことは、幸運を招き、良縁を願う行為とされています。

10円玉を避けるべき理由

10円玉が避けられる理由にも、語呂合わせが関係しています。「十円」は「とおえん」と読むと、「遠縁」という語呂合わせになり、「縁が遠ざかる」という意味を持ちます。これは人間関係や出会い、運気が遠のくことを意味します。そのため多くの人が賽銭として10円玉を避けるようになったとされています。また、「十円(じゅうえん)」の「じゅう」という発音は「重」という漢字を連想させ、「重苦しい」や「重い」といったネガティブなイメージを連想させるといった説もあります。

文化的背景

お賽銭は、神様や仏様に願いや祈りを叶えて欲しいという思いから捧げられます。その際、少しでも縁起が良いとされる硬貨を選ぶことはとても自然なことです。それぞれの硬貨と縁起の関係性は、語呂合わせや言葉遊びに過ぎませんが、古来より日本の文化は語呂合わせや言葉遊びの影響を多く受けています。信じてみても良いのではないでしょうか。

結論

5円玉と10円玉に関連する語呂合わせは、日本の文化に深く根差した習慣を示しています。賽銭を捧げる際の硬貨の選び方一つにも、意味が込められていることがわかります。幸運を招くとされる5円玉、避けたいとされる10円玉。どのお金を選ぶかの判断基準の1つとして考えてみてはいかがでしょうか。

Speed mao 木製 お賽銭箱型 貯金箱 お部屋のインテリアに
Speed mao
¥1,679(2024/04/14 17:15時点)
木製のお賽銭箱型の貯金箱です。底に蓋がついているので簡単に取り出すことが出来ます。
タイトルとURLをコピーしました