筋トレ好き目線で見るチョコレートのPFCバランスと栄養面でのメリット・デメリット

スポンサーリンク

筋トレをライフスタイルの一部としている皆さんにとって、食べ物の選択はトレーニング成果を大きく左右します。中でもチョコレートは、多くの人にとって誘惑の多いお菓子ですが、実は適切に摂取することで筋トレ効果をサポートする可能性を秘めています。この記事では、チョコレートのPFCバランスと栄養面でのメリット・デメリットを、筋トレ好きの視点から解説します。

BASE LAB. プロテインバー ビターチョコ 糖質控えめ タンパク質 ダイエットスナック 30本パック
BASE LAB.
¥2,400 (¥80 / 本)(2024/02/24 18:05時点)
【抜群の食べやすさ】食べやすいクランチチョコレートタイプの" プロテインバー "。更に小型サイズ且つ割れ目付きで一口サイズにしやすいことで抜群の食べやすさを実現。忙しくて時間の取れないサラリーマンや運動後の間食、" お菓子 "感覚の" おやつ "としてもおすすめです。
スポンサーリンク

チョコレートのPFCバランス

PFCバランスとは、たんぱく質(Protein)、脂質(Fat)、炭水化物(Carbohydrate)の三大栄養素の摂取比率を意味します。チョコレート、ここでは比較的筋トレ好きにも受け入れられる栄養素のダークチョコレートの、一般的な栄養成分は以下のようになります(70-85%カカオ、100gあたり)。

  • エネルギー: 約600kcal
  • たんぱく質: 約7.8g
  • 脂質: 約42.6g
  • 炭水化物: 約46.3g(糖質約24g)

これらの数字から、ダークチョコレートは特に脂質と炭水化物が豊富であることがわかります。たんぱく質の含有量は比較的低いものの、筋肉回復やエネルギー補給の観点から小量であれば有益な役割を果たします

栄養面でのメリット

  1. 筋肉回復の促進: チョコレートに含まれるマグネシウムやフラボノイドは、筋肉痛の軽減や回復をサポートします。
  2. エネルギー補給: トレーニング前の小量のチョコレート摂取は、短期的なエネルギー源として機能し、パフォーマンスの向上に寄与します。
  3. 心理的満足感: チョコレートはストレスを軽減し、幸福感を高める作用があります。これは長期的なトレーニングプランを継続する上で非常に重要です。

栄養面でのデメリット

  1. カロリー過剰: チョコレートは高カロリーであり、過剰摂取は体脂肪の増加につながります。筋トレ目的が脂肪燃焼である場合、この点は特に注意が必要です。
  2. 糖質摂取のリスク: 糖質の過剰摂取は血糖値の急激な上昇や、長期的にはインスリン抵抗性を引き起こすリスクがあります。特にミルクチョコレートやホワイトチョコレートは糖質が高めです。

筋トレとのバランスの取り方

筋トレ効果を最大限に引き出すためには、チョコレートの摂取量とタイミングが鍵を握ります。トレーニング後のプロテイン摂取と併せてダークチョコレートを少量摂ることで、筋肉回復を助けると共に、次回のトレーニングに向けてエネルギーを補給することができます。また、日常的にチョコレートを楽しむ場合は、その他の食事の栄養バランスを考慮し、全体のカロリー摂取量を管理することが大切です。

まとめ

チョコレートは、適量を守りながら賢く摂取することで、筋トレ愛好者にとって数多くのメリットを提供します。PFCバランスを理解し、自身のトレーニング目的に合わせてチョコレートを取り入れることで、筋肉の成長と回復をサポートし、トレーニングの質を向上させましょう。一方で、カロリーや脂質、糖質の摂取には注意が必要です。ボディメイクに気を使っている人はできるならダークチョコレートを選びましょう。筋トレと栄養のバランスを見極め、理想的な体づくりを目指してください。

【Amazon.co.jp 限定】inバー プロテイン ザクザクチョコ クランチチョコ (18本入×1箱) プロテインバー チョコレート チョコバー クランチチョコタイプ 高タンパク16g ビタミンB群7種配合 プロテインの働き強めるEルチン配合 森永製菓
inバー
¥2,898 (¥161 / 本)(2024/02/24 18:05時点)
特徴: 【いつでもどこでもタンパク質チャージ】 1本でタンパク質(プロテイン)16gが摂取できる栄養調整食品。チョコがおいしいクランチチョコタイププロテインバー。18本入りパッケージ。
雑記
スポンサーリンク
シェアする
oimomanをフォローする
ゆるきじ
タイトルとURLをコピーしました