刺身は日本発祥?いつから食べていた?他の国ではどうなの?わかりやすく解説。

刺身は日本発症?

刺身は、新鮮な魚介類を薄切りにして生で食べる日本料理の代表格です。しかし、刺身を食べる文化は日本が発祥なのでしょうか?また、他の国では生の魚を食べる習慣はあるのでしょうか?この記事では、刺身の起源や世界の生食文化について詳しく解説します。

刺身の起源と日本発祥説

刺身の起源については諸説ありますが、刺身は日本発祥であり、平安時代(794年〜1185年)には既に食べられていたとする説が有力です。当時の貴族の日記には、生の魚を醤油のような調味料で食べたという記述が残っています。ただし、この時代の刺身は現代のものとは異なり、魚を薄切りにするのではなく、小さく切って食べていたようです。

江戸時代(1603年〜1868年)になると、現代の刺身に近い形で食べられるようになりました。包丁の発達により、魚を薄く切ることが可能になったのです。また、醤油の普及も刺身文化の発展に大きく貢献しました。

世界の生食文化

日本以外にも、生の魚介類を食べる文化は存在します。代表的な例が、ペルーの「セビーチェ」です。セビーチェは、生の魚をライムやレモンなどの柑橘類の果汁で漬け込んだ料理で、刺身と似た食感が特徴です。ただし、酸味が強いため、日本の刺身とは味わいが異なります。

イタリアでも、「カルパッチョ」という生の魚介類を使った料理があります。カルパッチョは、薄切りの生魚や貝類にオリーブオイルやレモン汁、ハーブなどを合わせた料理です。日本の刺身と比べると、味付けが強い傾向があります。

韓国では、「회」(フェ)と呼ばれる生の魚介類料理が人気です。회は、刺身と同様に薄切りの生魚を使いますが、キムチやニンニクなどの香辛料を添えるのが特徴です。

生食の安全性と注意点

生の魚介類を食べる際は、食中毒のリスクに注意が必要です。特に、サバやマグロなどの大型魚は、寄生虫が付着している可能性があります。日本では、これらの魚を生で食べる際は、マイナス60度以下で24時間以上冷凍処理を行うことが義務付けられています。

また、生の魚介類を食べる際は、鮮度が重要です。新鮮な魚介類を選び、衛生的に調理することが大切です。

まとめ

刺身は日本が発祥とされていますが、世界には生の魚介類を食べる文化が他にも存在します。ペルーのセビーチェ、イタリアのカルパッチョ、韓国の회などがその例です。生の魚介類を食べる際は、食中毒のリスクに注意し、新鮮な食材を選ぶことが大切です。日本の刺身文化は、長い歴史の中で洗練され、世界に誇る食文化の一つとなっています。

マグロ刺身 マグロ 訳あり びんちょうまぐろ1kg×3袋
焼津船元・まぐろ家福坊
¥4,780 (¥2 / g)(2024/05/23 21:21時点)
【お届け日について】Amazonのシステムの都合上、 ご注文確認画面やメールで表示される 「お届け予定日」や「お届け日」が正しくない 場合がございます。自動で表示の出荷予定日はあくまで予定で あり、確定ではございませんのでご注意ください。【明細書】弊社では金額のわかるものを商品に同梱しておりません。必要の際はお申し付けください。【重要】お届け先が北海道・沖縄の場合、送料無料でも追加送料が発生致します。送料別商品をご購入の際は送料+別途送料が発生致しますので予めご了承くださいませ。
タイトルとURLをコピーしました