寿司のトロは本来は廃棄していた部位だったって本当?

スポンサーリンク

最も高級な寿司のネタと言えば多くの人が思い浮かべるのは、なめらかで味わい深い大トロかもしれません。しかし、信じがたいかもしれませんがトロはかつては廃棄されていた部位だったという話があります。

スポンサーリンク

そもそもトロとは何か

トロはマグロの腹部分にあたる肉で、特に中トロや大トロと称される部分は脂が多く、その柔らかさと豊かな味わいで高く評価されています。しかし、昔の日本ではトロのような脂っこい部分は好まれない傾向にありました。当時の保存技術の限界もあり、脂の多い食材は保存が難しく、品質が落ちやすいという問題もあったのです。

いつまで廃棄されていたのか

20世紀中頃まで、マグロは主に赤身が価値ある部位とされ、脂の多い部分はほとんど価値を見出されていませんでした。実際、トロ部分は消費されずに廃棄されることが多かったとされています。この時代においては、寿司や刺身などの生食文化が発展していく中で、赤身の味わいや食感が好まれ、トロのような脂の多い部位は敬遠されがちでした。

いつから廃棄されなくなったのか

トロが廃棄されなくなったのは、日本の食文化の変化以上に、保存技術の進化です。冷蔵・冷凍技術の向上により、脂の多い魚肉も新鮮な状態で長期間保存することが可能になりました。また、高度経済成長期を迎えた日本では、より豊かな食生活への欲求が高まり、それまで敬遠されていた脂の多いトロを贅沢な味わいとして楽しむようになりました。

トロが寿司の高級なネタになった時期

トロが高級な寿司のネタとしての地位を確立したのは、1980年代以降のことです。寿司の世界的な人気とともに、トロはその希少性と独特の食感、そして味わいが評価されるようになりました。今日では、トロは寿司の中でも特に高価で人気のあるネタの一つとなっています。

まとめ

トロの歴史を振り返ると、単なる廃棄されていた部位から、寿司の最も高級なネタの一つへと変貌を遂げたその過程は、日本の食文化の深い変遷を物語っています。かつては廃棄されていた脂の多い部位が、今では多くの人々に愛される味わい深い逸品へと昇華したということは驚きです。この話は単なる日本人の味覚の変化だけでなく、技術革新がいかに私たちの食生活に革命をもたらすかを示す例でもあると思います。今後の技術の進歩による料理の進化が楽しみですね。

雑学
スポンサーリンク
シェアする
oimomanをフォローする
ゆるきじ
タイトルとURLをコピーしました