肝臓はなぜ沈黙の臓器なの?その理由と肝臓の重要性について

スポンサーリンク

みなさんは、「肝臓は沈黙の臓器である」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。この言葉は、肝臓の病気が進行しても自覚症状が現れにくいことを表現しています。では、なぜ肝臓は沈黙の臓器と呼ばれるのでしょうか?今回は、肝臓の特徴と重要性について詳しく説明します。

DHC 肝臓エキス+オルニチン 30日分 (90粒)
DHC
¥1,350 (¥15 / 粒)(2024/04/14 08:07時点)
商品サイズ(幅×奥行×高さ):14×1×17
スポンサーリンク

肝臓の働きと特徴

肝臓は、人体で最大の内臓器官で、体内の代謝や解毒を担う重要な役割を持っています。主な働きは以下の通りです。

  • 栄養素の代謝と貯蔵
  • 毒素やアルコールの分解と無害化
  • 胆汁の生成と分泌
  • 血液凝固因子の生成

肝臓は、これらの働きを担うために、高い再生能力を持っています。肝細胞は常に新しく作られ、古い細胞と入れ替わっているのです。

肝臓が沈黙の臓器と呼ばれる理由

肝臓が沈黙の臓器と呼ばれる主な理由は、以下の2つです。

  1. 肝臓には痛覚神経がほとんどない 肝臓には痛覚神経がほとんど分布していないため、肝臓が傷ついても痛みを感じにくいのです。このため、肝臓の病気が進行しても自覚症状が現れにくく、気づかないうちに病気が進行してしまうことがあります。
  2. 肝臓の予備能力が高い 肝臓は、通常の働きを維持するのに必要な量の数倍もの予備能力を持っています。このため、肝臓の一部が傷ついても、残った部分でカバーすることができます。病気がかなり進行するまで、自覚症状が現れにくいのです。

肝臓の病気の症状と予防法

肝臓の病気が進行すると、以下のような症状が現れることがあります。

  • 倦怠感や疲労感
  • 食欲不振
  • 黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)
  • 腹水(お腹に水がたまる)

これらの症状が現れた時には、すでに肝臓の病気がかなり進行している可能性があります。肝臓の病気を予防するには、以下のようなことが大切です。

  • バランスの良い食事を心がける
  • 過度の飲酒を控える
  • 肝炎ウイルスの検査を受ける
  • 定期的に健康診断を受ける

まとめ

肝臓が沈黙の臓器と呼ばれるのは、痛覚神経が少なく、予備能力が高いため、病気が進行しても自覚症状が現れにくいからです。肝臓は、代謝や解毒など、体の中で重要な役割を担っています。肝臓の健康を守るには、バランスの良い食事と適度な飲酒、定期的な健康診断が大切です。

肝臓の病気は自覚症状が乏しいだけに、日頃から肝臓の健康を意識することが重要です。肝臓の声に耳を傾け、大切な肝臓を守るためにできることから始めてみましょう。

幸せの杜 ウコン オルニチン ローヤルゼリー 肝臓エキス 1日で約1,370㎎ しじみ サプリ 180粒30日分
幸せの杜
¥1,680 (¥9 / 粒)(2024/04/14 08:07時点)
" 肝臓エキス "、" オルニチン "、クルクミンを含有した" ウコン "、" しじみ " の4大成分をたっぷり配合!そのほかにも自然素材の亜鉛や牡蠣エキスを配合しています。" 肝臓エキス "はあなたの毎日の生活をサポートします。
タイトルとURLをコピーしました