小学生でもわかる!歯周病って何?原因と症状は?

スポンサーリンク

みなさん、歯磨きは毎日していますか?歯磨きを忘れると、虫歯になるだけでなく、歯周病になることもあるんです。今日は、小学生のみなさんにもわかりやすく、歯周病について説明します。

スポンサーリンク

歯周病ってどんな病気?

歯周病は、歯と歯ぐきの間にある「歯周ポケット」という隙間に、バイ菌が入り込んで起こる病気です。バイ菌が歯の周りで増えると、歯ぐきが腫れたり、出血したりします。歯周病が進行すると、歯を支える骨が溶けて、歯がグラグラになったり、抜け落ちたりすることもあります。

歯周病の原因は?

歯周病の主な原因は、歯の表面に付着する「歯垢(プラーク)」です。歯垢は、食べかすや唾液、バイ菌が混ざってできる粘着性のある膜のようなもので、歯磨きをしないと、どんどん厚く固くなっていきます。この歯垢を放っておくと、バイ菌が増えて歯周病を引き起こします。

歯周病の症状は?

歯周病の代表的な症状は、以下のようなものがあります。

  • 歯ぐきの腫れと出血:歯を磨いた時や固いものを食べた時に、歯ぐきが腫れて血が出ます。
  • 歯ぐきの痛みと不快感:歯ぐきが赤く腫れ、痛みや不快感を感じます。
  • 歯のグラつき:歯周病が進行すると、歯を支える骨が溶けて、歯がグラグラしてきます。
  • 口臭:歯周ポケットにバイ菌が増えると、口臭の原因になります。

歯周病を予防するには?

歯周病を予防するには、正しい歯磨きを毎日行うことが大切です。歯ブラシは毛先が開かないように適度な力で小刻みに磨き、歯と歯ぐきの境目も丁寧に磨きましょう。歯間ブラシやデンタルフロスを使って、歯と歯の間の歯垢も取り除くことが大切です。

また、甘いものや糖分の多い食べ物を控えめにし、バランスの良い食事を心がけることも大切です。定期的に歯医者さんで歯のクリーニングを受けることも、歯周病予防に効果的です。

まとめ

歯周病は、バイ菌によって歯ぐきに炎症が起こる病気で、進行すると歯を失うこともある怖い病気です。歯周病を予防するには、正しい歯磨きを毎日行い、バランスの良い食事を心がけることが大切です。歯周病の症状に気づいたら、早めに歯医者さんに相談しましょう。

小学生のみなさんも、歯磨きを毎日きちんと行って、歯周病予防に努めてくださいね。大人になっても自分の歯で美味しく食事ができるよう、今から歯の健康を大切にしましょう。

シュミテクト 歯周病ケア【医薬部外品】歯磨き粉 知覚過敏ケア 高濃度フッ素配合 <1450ppm> 2本 + 歯ブラシ付き
シュミテクト
¥1,386 (¥693 / 本)(2024/04/14 09:46時点)
知覚過敏症状ケア+歯周病予防+口臭予防+ムシ歯予防の歯磨き粉
タイトルとURLをコピーしました