中学生でもわかる!痛風って何?原因と症状は?治らないって本当?

スポンサーリンク

痛風は、関節に突然激しい痛みが起こる病気として知られています。でも、痛風ってどんな病気なのでしょう?どのような原因で起こるのでしょう?症状は?治らないって本当?今回は、中学生の皆さんにもわかりやすく、痛風について詳しく説明します。

DHC(ディー・エイチ・シー) ルテオリン 尿酸ダウン 30日分【機能性表示食品】
DHC(ディー・エイチ・シー)
¥1,944 (¥65 / 粒)(2024/04/14 09:55時点)
[ルテオリン]が高めの尿酸値をダウン! 食事のプリン体が気になる方に
スポンサーリンク

痛風とは?

痛風は、体内で作られるプリン体という物質が、尿酸という形で血液中に蓄積し、関節や腎臓などに障害を起こす病気です。プリン体は、体内で作られるだけでなく、食事からも摂取されます。尿酸が血液中で高い濃度になると、尿酸の結晶が関節や腎臓に蓄積し、炎症を引き起こします。

痛風の原因

痛風の主な原因は、以下の2つです。

  1. 尿酸の過剰生成:遺伝的な要因や、プリン体を多く含む食品の過剰摂取により、体内で尿酸が過剰に作られることがあります。
  2. 尿酸の排出障害:腎臓の機能が低下していたり、尿酸の排出を妨げる薬を服用していたりすると、尿酸が体内に蓄積しやすくなります。

また、肥満、飲酒、ストレスなども痛風のリスクを高める要因として知られています。ちなみに痛風は子供でもなることがあります。気になる方はこちらの記事を読んでみてください。

痛風の症状

痛風の代表的な症状は、以下のようなものがあります。

  • 関節の激しい痛み:主に足の親指の付け根の関節に起こることが多いですが、他の関節にも起こることがあります。痛みは突然始まり、数日から1週間ほど続きます。
  • 関節の腫れと発赤:痛みのある関節は、腫れて赤く熱を持っています。
  • 発熱:痛風発作時には、軽度の発熱を伴うことがあります。

痛風発作は、数ヶ月から数年に1回程度の頻度で起こることが多いですが、重症になると発作の頻度が増えることがあります。

痛風の合併症

痛風は、適切な治療を行わないと、以下のような合併症を引き起こす可能性があります。

  • 関節の変形:繰り返し発作が起こると、関節が変形し、運動機能が低下することがあります。
  • 腎臓結石:尿酸の結晶が腎臓に蓄積し、腎臓結石を作ることがあります。
  • 腎不全:腎臓に尿酸の結晶が蓄積し続けると、腎機能が低下し、腎不全になることがあります。

痛風の治療と予防

痛風は適切な治療を行うことで、症状をコントロールし、合併症を予防することができます。治療には、以下のような方法があります。

  • 薬物療法:痛風発作時の痛みを和らげる薬や、尿酸の生成を抑える薬、尿酸の排出を促す薬などを使用します。
  • 食事療法:プリン体を多く含む食品(肉類、魚介類、ビールなど)の摂取を控えめにし、バランスの取れた食事を心がけます。
  • 生活習慣の改善:適度な運動を行い、肥満を解消することが大切です。また、飲酒は控えめにしましょう。

また、痛風を予防するためには、健康的な生活習慣を心がけることが重要です。

まとめ

痛風は、尿酸が血液中に蓄積し、関節や腎臓などに障害を起こす病気です。原因には、尿酸の過剰生産と排出障害があり、症状としては関節の激しい痛みや腫れ、発赤などがあります。適切な治療と生活習慣の改善により、症状をコントロールし、合併症を予防することができます。

バランスの取れた食事や適度な運動など、健康的な生活習慣を心がけることで、痛風を予防することができます。もし、痛風の症状が現れたら、早めに医療機関を受診し、適切な治療を受けることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました