ガングリオンって何?原因は?放置してもいいの?何科にいけばいい?わかりやすく解説します。

ガングリオン

ガングリオンは、手や手首、足などに発生する良性の腫瘤で、「ガングリオン嚢腫」とも呼ばれます。柔らかくゼリー状の内容物を含む袋状の構造が特徴です。この記事では、ガングリオンの名前の由来、原因、症状、治療法などについて詳しく解説します。

ガングリオンの名前の由来

「ガングリオン」という名前は、ギリシャ語で「神経の塊」を意味する「ganglion」に由来しています。これは、ガングリオンが神経や腱の近くに発生することが多いためです。ただし、ガングリオン自体は神経組織ではなく、関節や腱の組織から発生します。

ガングリオンの原因

ガングリオンの正確な原因は明らかになっていませんが、以下のような要因が考えられています。

  • 関節や腱の過度な使用や負担
  • 関節や腱の損傷や炎症
  • 関節や腱の変性変化

また、女性や10~30代の若い世代に多く発生する傾向があります。

ガングリオンの症状

ガングリオンの主な症状は、以下の通りです。

  • 手首、手、足などの関節近くに発生する柔らかい腫れ
  • 腫れの大きさや形状の変化
  • 圧痛や可動域制限(腫れの場所によって異なる)

ただし、痛みを伴わないこともあり、症状は個人差が大きいです。

ガングリオンを放置するリスク

ガングリオンは良性の腫瘤であり、がんになることはありません。小さなガングリオンは自然に消失することもあるため、症状がない場合は経過観察も可能です。

しかし、以下のような場合は治療を検討する必要があります。

  • 大きさや痛みが増悪する場合
  • 日常生活に支障をきたす場合
  • 美容上の問題がある場合

放置すると、ガングリオンが大きくなり、神経や血管を圧迫する可能性もあります。

ガングリオンの治療法

ガングリオンの治療は、整形外科や形成外科で行われます。主な治療法は以下の通りです。

穿刺吸引療法

ガングリオンに注射針を刺し、内容物を吸引する方法です。再発率が比較的高いですが、手軽に行える治療法です。

ステロイド注入療法

ガングリオンにステロイド薬を注入し、炎症を抑える方法です。再発率は穿刺吸引療法よりも低いですが、完治しない可能性もあります。

手術療法

ガングリオンを切除する方法です。再発率が最も低く、根治が期待できます。ただし、手術のリスクもあるため、症状や状況に応じて適応を判断する必要があります。

まとめ

ガングリオンは、関節や腱の近くに発生する良性の腫瘤です。原因は明らかになっていませんが、過度な使用や負担、損傷などが関与していると考えられています。症状や状況に応じて、経過観察や穿刺吸引療法、ステロイド注入療法、手術療法などの治療法を選択します。ガングリオンについて理解を深め、適切な対応を心がけましょう。

FREETOO 手首 サポーター 強力サポート 吸汗速乾 男女兼用 スポーツ 家事 育児 パソコン/スマホ操作 ブラック
FREETOO
¥1,190(2024/05/28 14:55時点)
★【おかげさまでベストセラーNo.1商品を獲得】Amazonランキング大賞2021年、手首・手用サポーター部門で新着商品第一位とベストセラーNo.1商品を獲得しました。
タイトルとURLをコピーしました