赤ちゃんにハチミツは何故ダメなの?いつから与えても大丈夫?リスクと注意点を解説します。

ハチミツと赤ちゃん

ハチミツは自然の甘味料として知られていますが、赤ちゃんに与える際は注意が必要です。特に、生後1歳未満の乳児には、ハチミツを与えるべきではありません。この記事では、赤ちゃんとハチミツの関係について、リスクや注意点を詳しく解説します。

生後1歳未満の乳児にハチミツを与えないで!

乳児ボツリヌス症のリスク

生後1歳未満の乳児にハチミツを与えることは推奨されていません。その理由は、ハチミツに含まれるボツリヌス菌の芽胞が、乳児ボツリヌス症を引き起こす可能性があるためです。乳児の腸内では、芽胞が活性化し、ボツリヌス毒素を産生します。この毒素が神経系に作用し、筋肉の麻痺を引き起こします。

乳児ボツリヌス症の症状は、哺乳力の低下、泣き声の変化、頭部を支えられない、眼瞼下垂、便秘などがあります。これらの症状は、ハチミツを与えてから数日から数週間後に現れることがあります。

乳児ボツリヌス症の予防法

乳児ボツリヌス症を予防するために、生後1歳未満の乳児にはハチミツを与えないようにしましょう。また、ハチミツを含む食品や調理器具は、乳児の手の届かない場所に保管し、1歳以上の子供や大人がハチミツを食べる際は、乳児との間接的な接触を避けることが大切です。

1歳以降の幼児とハチミツ

1歳以降の幼児は、腸内環境が発達し、ボツリヌス菌の芽胞が活性化するリスクが低くなります。しかし、個人差があり、免疫系の発達が遅い子供もいます。そのため、一部のメーカーは、より安全性を重視し、3歳未満の幼児へのハチミツ摂取を控えるよう推奨しています。

3歳未満の幼児におけるリスク

3歳未満の幼児がハチミツを摂取した場合、乳児ボツリヌス症のリスクは1歳未満に比べて低いものの、完全にゼロではありません。また、ハチミツに含まれるタンパク質に対してアレルギー反応を示す可能性や、過剰摂取による虫歯のリスクもあります。

ハチミツ摂取の注意点

3歳未満の幼児にハチミツを与える場合は、少量から始め、アレルギー反応の様子を見ることが大切です。また、虫歯予防のため、摂取量を控えめにし、ハチミツを与えた後は歯磨きを徹底しましょう。体調が優れない時や、免疫力が低下している時は、ハチミツの摂取を控えることが賢明です。

まとめ

赤ちゃんへのハチミツ摂取は、生後1歳未満では避け、1歳以降でも慎重に判断することが大切です。乳児ボツリヌス症やアレルギー、虫歯のリスクを考慮し、個々の子供の発達状況や体調に合わせて与えるようにしましょう。ハチミツは自然の恵みですが、赤ちゃんの健康を守るために、適切な時期と量を守ることが重要です。

生はちみつ専門店 MY HONEY(マイハニー) アカシアハニー チューブボトル 500g×1本 希少 健康 美容 低GI値 ハンガリー産アカシアはちみつ100%使用
My Honey
¥2,590 (¥5 / グラム)(2024/05/23 09:11時点)
MYHONEY(マイハニー)は天然・非加熱の「生はちみつ」専門店です。白砂糖・乳製品・乳化剤・保存料・着色料・化学調味料・人工甘味料などを一切使わないMYHONEYの生はちみつ製品は、あなたのマイハニー(My honey=大切な人)のために、ひとつずつ丁寧に作られています。
タイトルとURLをコピーしました