「織り込み済み」の意味と使い方を徹底解説!類語や由来も紹介

スポンサーリンク

皆さんは「織り込み済み」という言葉をよく聞いたことがあると思います。ビジネスシーンでよく使われるこの言葉、意外と言葉の意味や由来についてハッキリと回答できる人は少ないのではないでしょうか。今回は、「織り込み済み」の意味や使い方、由来、類語などを詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

織り込み済みの意味

「織り込み済み」とは、ある事柄がすでに考慮されている、または計算に入れられているという意味を持つ言葉です。つまり、「織り込み済み」と言えば、それはすでに予測されていたり、見込まれていたりするということを表しているのです。

例えば、「今期の売上予測には、新商品の販売数も織り込み済みです」という文章があったとします。この場合、新商品の販売数がすでに売上予測に含まれていることを意味しています。

織り込み済みの由来

「織り込み済み」という言葉の由来は、もともと織物を作る際に使われていた言葉だと言われています。織物を作る際、様々な色の糸を織り込んでいくことで、美しい模様が生まれます。この「織り込む」という言葉が転じて、物事を考慮に入れる、計算に含めるという意味で使われるようになったのです。

織り込み済みの類語

「織り込み済み」の類語としては、「見込み済み」「算入済み」「考慮済み」などが挙げられます。これらの言葉も、すでに予測や計算に含まれているという意味を持っています。

織り込み済みと織り込んでいるの違い

ただし、「織り込み済み」と「織り込んでいる」では意味が異なるので注意が必要です。「織り込んでいる」は現在進行形であり、現在も織り込む作業が続いていることを表しています。一方、「織り込み済み」は完了形であり、すでに織り込む作業が終わっていることを表しているのです。

まとめ

以上、「織り込み済み」の意味と使い方、由来、類語などについて解説してきました。ビジネスシーンで頻繁に使われるこの言葉を正しく理解することで、コミュニケーションの幅が広がるはずです。「織り込み済み」の意味を正しく理解し、適切に使いこなせるようになりましょう!

タイトルとURLをコピーしました