コーヒー豆のゲイシャの特徴、歴史、日本の芸者との関係は?

スポンサーリンク

皆さんはコーヒー豆のゲイシャという品種をご存知でしょうか?私は毎日コーヒーを豆から挽いて飲んでいるのですが、ふと高級コーヒー豆のゲイシャについて疑問が湧いてきましたので調べてみました。このコーヒー豆の特徴や歴史、特に特徴的な名前の由来について解説していきます。

【厳選 コーヒー豆】Scrop パナマ エスメラルダ農園 ゲイシャ ミディアムロースト 中煎り 100g (豆のまま)
Scrop COFFEE ROASTERS(スクロップ コーヒーロースターズ)
¥4,600 (¥46 / g)(2024/02/24 18:26時点)
スペシャルティコーヒー専門店 Scrop COFFEE ROASTERS スクロップ コーヒーロースターズのシングルオリジンコーヒーです。特に希少価値が高く、他にはない際立った風味特性を持つコーヒーを、「TOP OF TOP」としてご紹介します。
スポンサーリンク

ゲイシャコーヒーの特徴

ゲイシャコーヒーは、その独特の風味と高い評価で知られています。ここに主な特徴を挙げてみましょう。

  • 独特の風味: ゲイシャコーヒーは非常に複雑で洗練された風味を持ちます。ジャスミン、バラ、ハチミツ、ベルガモットなどの花の香りや、桃、シトラス、マンゴーのようなフルーティーな味わいがあります。柑橘類、トロピカルフルーツを思わせる繊細でフローラルな香りが特徴です。その味わいは複雑で、甘く繊細なアクセントがあります。
  • 外観: 豆の形は他の品種と比べて独特で、長く細いです。これはゲイシャ豆の識別点の一つです。
  • 高品質: ゲイシャはスペシャルティコーヒーの中でも特に高品質とされ、世界各地のコーヒーコンテストで高い評価を受けています。
  • 限定生産: 生産量が限られており、高級品として扱われています。

ゲイシャ豆の由来と歴史

  • エチオピアのゲシャ村: ゲイシャコーヒーは、もともとエチオピア南西部のゲシャ地域で発見されました。この地域の野生のコーヒーがゲイシャの起源とされています。
  • パナマへの移行: 1960年代、パナマの農園でゲイシャ種が試験的に栽培され始めました。しかし、その特別な風味は当初はあまり注目されませんでした。
  • 流行のきっかけ: 2004年の「ベスト・オブ・パナマ」コンテストで、パナマのハシエンダ・ラ・エスメラルダ農園がゲイシャコーヒーで高評価を受け、それ以降、世界的な関心が高まりました。

日本の芸者との関係

私も含めて多くの人が名前から日本の芸者を連想しますが、ゲイシャコーヒーと日本の芸者は全く関係ありません。ゲイシャコーヒーの「ゲイシャ」の綴りは”Geisha”で、これはエチオピア南西部のゲシャ(Gesha)地域に由来しています。名前が似ているのは単なる偶然です。

栽培と生産

  • 栽培条件: ゲイシャは比較的栽培が難しく、特定の高度、気候、土壌が必要です。これが生産量の制限に繋がっています。
  • 高地での栽培: ゲイシャは高地での栽培に適しており、通常は海抜1,500メートル以上の地域で栽培されます。
  • 生産地: パナマが最も有名ですが、エチオピア、コロンビア、コスタリカなど他の国々でも栽培されています。

高価格の理由

  • 希少性と需要: 生産量の限られたゲイシャは、高い需要のために高価格で取引されます。特に品質の高いものは、オークションで非常に高い価格で売られることがあります。特に品質の高いものは1ポンドあたり数百ドルにもなることがあります。
  • 品質への注目: ゲイシャコーヒーはコーヒーコンテストで多くの賞を受賞しており、その品質が高く評価されています。

まとめ

調べるほどに、ゲイシャコーヒーの歴史と希少性、風味の豊かさに改めて魅了されますね。エチオピアで生まれ、パナマで育まれたこのコーヒーは、まさに現代コーヒーを象徴する特別な存在です。

限られた生産量から生じる希少性と、ジャスミンやハチミツのような独特の香り、桃やシトラスのような味わいが、コーヒー愛好家の心をガッチリと掴んでいるようです。

そして何より気になっていたゲイシャという名前が日本の芸者とは無関係であることは意外でしたね。この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

雑学
スポンサーリンク
シェアする
oimomanをフォローする
ゆるきじ
タイトルとURLをコピーしました