甘夏、夏みかん、はっさくの違いと旬の時期をわかりやすく解説。

スポンサーリンク

春から夏にかけて、スーパーの果物コーナーに色とりどりの柑橘類が並びます。中でも「甘夏」「夏みかん」「はっさく」は、見た目が似ているため、どのように異なるのか気になる方も多いでしょう。ここでは、それぞれの特徴と旬の時期について、正確な情報をもとにお話しします。ちなみにこの記事のトップにある柑橘類の画像は3種類のうちどれでしょうか?答えはこの記事の最後に書きます!

スポンサーリンク

甘夏

甘夏は、大分県が原産地であり、現在は熊本県を主な生産地としています。この柑橘類は、夏みかんが突然変異したもので、「カワノナツダイダイ」とも呼ばれます。特徴としては、酸味が少なく糖度が高いため、そのまま生で食べるのに適しています。旬は4月から5月頃で、スーパーなどでこの時期によく見かけます​​​​​​。

夏みかん

夏みかんは、その名の通り夏に収穫されるみかんで、「ナツダイダイ」と正式に呼ばれます。水分が多く、酸味が強いため、生で食べるよりもジャムやジュースなどの加工用途でよく利用されます。旬は5月から7月が主で、この期間に加工食品として楽しむことが多いです​​​​。

はっさく

はっさくは広島県が原産地で、現在は和歌山県が主な生産地です。旧暦の「八月朔日」に食べごろになることからこの名前が付けられました。水分が少なく、独特の苦みと酸味、そして甘さが特徴で、他の柑橘類にはないさわやかな風味を楽しめます。旬は2月から3月頃になります​​。

それぞれの柑橘類は、独自の風味と食感を持ち、旬の時期に食べ比べてみるとその違いをより深く味わうことができます。甘いものから酸っぱいものまで、自分の好みに合わせて選んでみてください。

まとめ

  • 甘夏:甘みが強く、生食に適している。旬は4月〜5月。
  • 夏みかん:酸味が強く、加工用途に向いている。旬は5月〜7月。
  • はっさく:苦みと酸味、甘さのバランスが特徴。旬は2月〜3月。

これらの情報をもとに、次回お買い物の際は、それぞれの柑橘類を見分けて、旬の美味しさを楽しんでみてはいかがでしょうか。ちなみに冒頭の画像クイズですが、答えは甘夏でした!わかったかな?

タイトルとURLをコピーしました