3分でわかる!急性硬膜下血腫ってなに?

スポンサーリンク

漫画家の鳥山明さんが亡くなってしまうという衝撃の悲しいニュースですが、「急性硬膜下血腫」とはどのような症状なのでしょうか。急性硬膜下血腫とは何か、どうして起こるのか、そしてどのようにして予防や対処をすればいいのかにを3分でわかるように簡単にお話しします。

スポンサーリンク

急性硬膜下血腫とは?

急性硬膜下血腫は、脳のまわりにある薄い膜(硬膜)と脳の間に血液がたまる状態を指します。これは、頭を強く打ったりすることで起こることが多いです。この血液がたまることで、脳に圧力がかかり、頭痛や吐き気、ひどい場合は意識がなくなることもあります。

どうして急性硬膜下血腫が起こるの?

急性硬膜下血腫が起こる主な原因は、頭部外傷です。例えば、スポーツをしていて頭に強い衝撃を受けたり、転んで頭を打ったりした時に起こります。また、車の事故による強い衝撃も原因の一つです。これらの衝撃により、脳を守っている血管が破れ、血液が硬膜下に溜まることで急性硬膜下血腫が発生します。

急性硬膜下血腫の症状は?

急性硬膜下血腫が起こると、以下のような症状が現れることがあります。

  • 頭痛
  • 吐き気や嘔吐
  • 意識の混濁や意識不明
  • 言葉が話しにくくなる
  • 手足の動きが悪くなる

急性硬膜下血腫の致死率

急性硬膜下血腫は、迅速な治療が行われない場合、非常に高い致死率を持つことが知られています。具体的な致死率は、患者の年齢、血腫の大きさ、他の脳の損傷の有無、治療までの時間などによって大きく異なります。総じて、致死率は30%から70%程度と幅広く報告されていますが、これは病状の重さや治療へのアクセスによる差が大きいためです。

早期治療の重要性

致死率を下げる鍵は、早期発見と早期治療です。急性硬膜下血腫の疑いがある場合、すぐに医療機関での評価が必要となります。CTスキャンなどの画像診断を用いて迅速に診断し、必要に応じて手術を行うことで、圧迫された脳組織を救い、回復の見込みを高めます。そのため、上記で述べたような症状が現れたら、遅れずに専門の医療機関に相談することが極めて重要です。

どうやって予防するの?

急性硬膜下血腫を予防するためには、日常生活での安全がとても大切です。特に、スポーツをする時や自転車に乗る時は、ヘルメットを着用することが重要です。また、家の中でも高いところから飛び降りたり、危険な遊びをしないように注意しましょう。

まとめ

急性硬膜下血腫は、頭を強く打つことで起こる病気ですが、正しい知識と予防策で避けることができます。予防とともに、症状が現れた際の迅速な対応が生命を救う鍵となります。日常生活での注意と早期治療の重要性を心に留めておくことが、致死率を下げるためには不可欠です。

タイトルとURLをコピーしました