免許を忘れて車を運転するとどうなる?免許不携帯の罰則と注意点

免許証を忘れた

免許不携帯とは、運転免許証を携帯せずに車両を運転することを指します。一見些細な違反と思われがちですが、実は法律で罰則が定められています。この記事では、免許不携帯の罰則や注意点について詳しく解説します。

スポンサーリンク

免許不携帯の罰則

道路交通法第95条第1項では、運転免許証を携帯していない状態で車両を運転した場合、以下の罰則が科せられると定められています。

  • 1万円以下の罰金または科料

ただし、免許不携帯で事故を起こした場合や、他の交通違反と併せて取り締まりを受けた場合は、より重い罰則が適用される可能性があります。

免許不携帯の危険性

免許不携帯は単なる書類の携帯忘れと思われがちですが、以下のような危険性があります。

  1. 交通事故発生時の身元確認が遅れる可能性がある
  2. 運転者の運転資格を確認できないため、無免許運転の疑いをかけられる恐れがある
  3. 他の交通違反と併せて取り締まりを受けた場合、罰則が重くなる可能性がある

免許不携帯を防ぐために

免許不携帯を防ぐためには、以下のような工夫が効果的です。

  1. 運転免許証を財布やカードケースに常に入れておく
  2. 車のダッシュボードやサンバイザーに運転免許証を入れたケースを取り付ける
  3. 運転前に運転免許証を携帯しているか確認する習慣をつける

また、スマートフォンアプリを活用し、運転免許証の画像を保存しておくことも身元確認の際に役立つでしょう。ただし、アプリ上の画像は法的な効力はないため、あくまで本物の運転免許証の携帯が必要です。

まとめ

免許不携帯は軽微な違反と思われがちですが、法律で罰則が定められている以上、軽視することはできません。運転する際は、運転免許証を携帯することを習慣づけ、安全運転を心がけましょう。

[BLUE SINCERE] ブルーシンシア 定期入れ メンズ 革 4枚収納 バタフライ パスケース 0.5mm スマートタイプ サステナブルレザー / PC1 (ヴィンテージネイビー)
BLUE SINCERE
¥1,980(2024/05/18 12:26時点)
✅【  BLUE SINCERE ブランド  】『 晴れの日も雨の日も、どのような時でも一緒に歩んでいく 』レザーファ ッションブランドです。お客様のお声を聞かせていただき、通勤・通学のスタイルに革命を!! 念頭に、過去のよ り良きもの、現在のより良きもの、これからのより良きもの、それらを踏襲し、創造しながら商品づくりを一か らおこなっています。                                  .
タイトルとURLをコピーしました