寝てる時に落下するような感覚になる理由、名称とその原因

スポンサーリンク

寝ている時、突然自分が高いところから落下しているようなリアルな感覚に襲われ、ハッと目を覚ます、という経験はありませんか?この現象は、多くの人が経験するものです。しかし、なぜこのような感覚に見舞われるのでしょうか?そして、この現象は私たちの身体や心に何を意味しているのでしょうか?この記事では、寝ている時に感じる落下感の理由と、それが私たちの健康に与える意味について解説します。

寝ている時に身体がビクッと一瞬痙攣してしまう現象についてはこちらで解説しています。

スポンサーリンク

落下する感覚の正体

この落下感は、「ヒプニックジャーク」という現象によるものです。これは、睡眠の初期段階である入眠過渡期に体が突然ビクッとする不随意の筋肉収縮で、健康な人でも頻繁に経験する自然な反応です。科学的には、約70%の人がこの現象を経験しており、特に健康上の問題があるわけではありません。

ヒプニックジャークとジャーキングの違い

ヒプニックジャークは、不随意運動(自分の意思と無関係に身体に異常な運動が起きること)の一種であり、主に眠りにつく際に発生します。これに対して、「ジャーキング」は、筋肉のけいれん、振戦(震え)、チック(突発的な動きや音声)など、より広範にわたる不随意運動を指します。ジャーキングは神経系の疾患、代謝異常、薬剤の副作用など様々な原因によって引き起こされ、その背景にはさまざまな健康問題が関連する可能性があります。

落下感を引き起こす要因

1. 筋肉のリラックス

私たちが眠りにつくと、体はリラックスし、筋肉の緊張が徐々に解けていきます。この急激なリラックス状態を、脳が「落下している」と誤解することが、ヒプニックジャークを引き起こす原因の一つとされています。

2. ストレスや疲労

過剰なストレスや疲労が蓄積していると、ヒプニックジャークを経験する頻度が高くなることがあります。これは、脳が完全にリラックスするのを妨げ、睡眠への移行を乱すためです。

3. カフェインや刺激物の摂取

就寝前のカフェインやアルコールなどの刺激物の摂取も、ヒプニックジャークを引き起こす一因となり得ます。これらの物質は神経系に影響を与え、睡眠の質を低下させることが知られています。

落下感が私たちに与える意味

ヒプニックジャーク自体は、一般的に健康上の問題とは見なされません。しかし、頻繁にこの現象を経験する場合は、生活習慣やストレスレベルを見直すきっかけとなるかもしれません。睡眠の質を向上させるために、以下のことを試してみることをお勧めします。

  • 就寝前にカフェインやアルコールを避ける
  • 定期的な運動を取り入れるが、就寝数時間前には避ける
  • ストレス管理のためのリラクゼーション技法を習得する
キユーピー リラーレ 睡眠 サプリ 60粒 約30日分 機能性表示食品 ラフマ配合 [ グリシン GABA テアニン 不使用、トリプトファン 使用] 睡眠 の 質を高める
キユーピーウエルネス
¥2,380 (¥40 / 粒)(2024/04/14 15:39時点)
✅キユーピー開発の機能性表示食品。「睡眠ホルモンを増やし、睡眠の質の向上に役立つ。」※本品は睡眠薬ではございません。機能性表示食品です。

落下感と身体がビクッとする現象の違いと比較はこちらで解説しています。

タイトルとURLをコピーしました