小学生にもわかる!マイナス金利が解除されるとどうなる?メリットとデメリットを3分で解説

スポンサーリンク

前回は、マイナス金利について説明しましたが、今回はマイナス金利が解除されるとどうなるのか、そのメリットとデメリットについて、小学生でもわかるように説明したいと思います。

マイナス金利についての解説はこちら↓

スポンサーリンク

マイナス金利が解除されるとは?

マイナス金利が解除されるということは、つまり、金利が0%以上になることを指します。銀行が中央銀行にお金を預ける際に、利息を払わなくてもよくなるということですね。

なぜマイナス金利が解除されるの?

景気が回復し、経済が安定してくると、中央銀行はマイナス金利を解除します。みんながお金を借りて使うようになり、経済が活性化してきたら、もうマイナス金利は必要なくなるからです。

マイナス金利解除のメリット

  1. 銀行の収益が改善する
    マイナス金利が解除されると、銀行は中央銀行にお金を預けても利息を払わなくて済むようになります。これにより、銀行の収益が改善し、経営が安定します。
  2. 貯蓄のメリットが戻ってくる
    金利がプラスになると、普通預金の金利も上がる可能性があります。そうなると、お金を貯めるメリットが再び出てきます。みんなが貯蓄に励むようになるかもしれません。

マイナス金利解除のデメリット

  1. ローンの金利が上がる
    マイナス金利が解除されると、住宅ローンなどの借入金の金利が上がります。借りている人にとっては、返済の負担が増えることになります。
  2. 企業の投資が減る可能性がある
    金利が上がると、企業は借金をしてまで投資をしようと考えなくなるかもしれません。新しい工場を建てたり、新商品を開発したりすることを控えるようになると、経済の成長が鈍化する可能性があります。

まとめ

マイナス金利が解除されるということは、経済が回復してきた証拠です。銀行の収益が改善し、貯蓄のメリットが戻ってくるのはいいことですが、ローンの金利が上がったり、企業の投資が減ったりするデメリットもあります。経済はいつも変化しているので、その時々の状況に合わせて、賢く判断することが大切ですね。

タイトルとURLをコピーしました