小学生にもわかる!マイナス金利とは?メリットとデメリットを3分で解説

スポンサーリンク

今日は、最近ニュースでよく耳にする「マイナス金利」について、小学生にもわかるように説明したいと思います。でも、その前に「金利」というものについて理解しておく必要がありますね。

スポンサーリンク

金利って何?

金利とは、お金を借りたり貸したりする際に発生する「お金を使うための料金」のことです。例えば、銀行からお金を借りると、借りたお金に対して一定の割合で利息を支払わなければなりません。この利息のことを金利と呼びます。

マイナス金利って何?

マイナス金利とは、簡単に言うと、お金を借りる人が利息を払うのではなく、お金を貸す人が利息を払うシステムのことです。普通は、お金を借りる人が利息を払いますよね。でも、マイナス金利の場合は、お金を貸す人(銀行など)が利息を払うんです。

なぜマイナス金利になるの?

景気が悪くなると、みんながお金を使わなくなります。そうすると、経済が停滞してしまうんです。そこで、中央銀行がマイナス金利を導入することで、銀行がお金を貸しやすくなり、みんながお金を借りて使うようになります。これによって、経済が活性化するんですね。

マイナス金利のメリット

  1. ローンの金利が下がる
    マイナス金利になると、住宅ローンなどの借入金の金利が下がります。その結果、借りる人にとっては返済の負担が減るんです。
  2. 企業が投資しやすくなる
    金利が下がると、企業も借金をしてでも投資をしようと考えます。新しい工場を建てたり、新商品を開発したりすることで、経済が活性化します。

マイナス金利のデメリット

  1. 銀行の収益が減る
    マイナス金利だと、銀行は利息を払わないといけないので、収益が減ってしまいます。銀行の経営が悪化すると、経済全体に悪影響が出ることもあります。
  2. お金を貯めるメリットが減る
    普通預金の金利も上がらないため、貯蓄のメリットが減ってしまいます。

まとめ

マイナス金利には、借りる人にはメリットがありますが、貸す人(銀行)にはデメリットがあります。景気を良くするための特別な方法だと思ってください。ただし、マイナス金利だからといって、むやみにお金を借りるのはよくありません。計画的にお金を使うことが大切ですよ。

マイナス金利解除についての解説はこちら↓

タイトルとURLをコピーしました