マシュマロの語源、栄養から歴史まで、知っておきたい10の事実

マシュマロとは?

マシュマロは、柔らかくて甘い魅力的なお菓子ですが、意外と知られていない事実があります。ここでは、マシュマロのカロリーや栄養、原料、製造方法、歴史など、知っておきたい10の事実をご紹介します。

マシュマロのカロリーと栄養

マシュマロ1個(約10g)あたりのカロリーは約32kcalです。主な栄養素は炭水化物で、脂質やタンパク質は少量です。糖分が多いため、食べ過ぎには注意が必要です。

マシュマロの原料

マシュマロの主な原料は、砂糖、水飴、ゼラチン、水です。ゼラチンが柔らかさと弾力を生み出します。また、卵白や香料などを加えることもあります。

マシュマロの製造方法

マシュマロは、原料を混ぜ合わせて加熱し、泡立てて冷やすことで作られます。泡立てることで空気を含ませ、独特の食感を生み出します。成型後、コーンスターチをまぶして完成します。

マシュマロの発祥地

マシュマロの起源は古代エジプトにさかのぼります。当時は、アルテア(タチアオイ)の根から作られていました。現在の原料や製法が確立されたのは、19世紀のフランスでした。

マシュマロが日本に伝わったのは明治時代

日本にマシュマロが伝わったのは、明治時代後期の1920年代と言われています。当時は高級菓子として扱われ、洋菓子店で販売されていました。

マシュマロの語源

マシュマロの語源は、古代ギリシャ語の「マラケー(malakē)」で、「柔らかい」を意味します。英語の「マシュマロ(marshmallow)」は、アルテアを指す言葉でした。

中国では、マシュマロを「棉花糖(めんかとう)」と表記することがあります。「棉花糖」の各漢字は、綿(めん)、花(か)、糖(とう)を意味し、マシュマロの柔らかくふわふわとした食感が綿の花に似ていることに由来しています。またこの言葉は綿菓子を指す場合もあります。

また、若者の間では「真珠麿(ましゅまろ)」という当て字が使われることもあります。これは、マシュマロの白く丸い外見と柔らかい食感を、真珠(しんじゅ)と古語の麿(まろ)で表現したものです。ただし、「真珠麿」はインターネットスラングであり、公式な表記ではありません。

マシュマロの形と色の変化

マシュマロは当初、円柱形でした。現在の丸くて平たい形になったのは、1950年代のアメリカです。色は、白が主流ですが、ピンクや黄色など様々な色があります。

マシュマロの用途の広がり

マシュマロは、そのまま食べるだけでなく、菓子作りにも活用されます。クッキーやケーキ、ドリンクなど、様々な料理に使われ、独特の食感と甘さを加えます。

マシュマロの世界的な人気

マシュマロは、世界中で親しまれています。アメリカでは、8月30日が「マシュマロの日」に制定されています。日本でも、お土産や贈答品として人気があります。

マシュマロの健康影響

マシュマロは糖分が多いため、食べ過ぎると肥満や虫歯のリスクがあります。また、ゼラチンはアレルギー反応を引き起こす可能性があります。適度な量を心がけましょう。

まとめ

マシュマロは、古代エジプトから現代まで、人々に愛され続けているお菓子です。柔らかくて甘い魅力は、原料や製造方法に支えられています。適度に楽しみつつ、マシュマロの奥深い世界を味わってみてはいかがでしょうか。

エスビーグローバル ロッキーマウンテンマシュマロ300g
エスビーグローバル
¥649 (¥216 / 100 g)(2024/05/28 10:56時点)
原材料:コーンシラップ、砂糖、コーンスターチ、ゼラチン/香料 乳化剤
タイトルとURLをコピーしました