一卵性双生児と二卵性双生児の違いとは?原因や特徴を徹底解説!

スポンサーリンク

今回は双子について解説します。双子には大きく分けて「一卵性双生児」と「二卵性双生児」の2種類がありますが、その違いはご存知でしょうか?一卵性双生児と二卵性双生児の違いについて、原因や特徴を交えながら詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

一卵性双生児と二卵性双生児の基本的な違い

一卵性双生児は、一つの受精卵が途中で分裂し、2つに分かれて成長することで生まれます。このため、遺伝子の情報が全く同じで、見た目も非常に似ている双子が誕生します。つまり、彼らは遺伝的には完全な「クローン」であり、性別も必ず同じです。

一方、二卵性双生児は、2つの異なる卵子がそれぞれ別の精子によって受精されることで生まれます。この場合、双子は遺伝的には普通の兄弟姉妹と同じように、半分の遺伝情報を共有します。外見や性格、興味関心の点で類似していることもありますが、一卵性双生児ほどの類似は期待できません。また、性別が異なることもあります。

一卵性双生児の原因と特徴

一卵性双生児は、受精後の卵が分裂する際に完全に分離せず、二つの胚に分かれることで生じます。一卵性双生児は、2人の子どもが全く同じ遺伝子構成を持つことになります。これは、外見が極めて似ているだけでなく、DNA テストを行うと完全に一致する結果が出ます。性別も同じで、血液型も一致します。

例としてはタレントのマナカナ(三倉茉奈と三倉佳奈)は一卵性双生児です。ザ・たっちも同様です。

二卵性双生児の原因と特徴

二卵性双生児は、女性が同一の月経周期中に2つの卵子を排卵し、それぞれが異なる精子によって受精される場合に起こります。二卵性双生児は、遺伝的には兄弟姉妹と同じで、外見や性格は個々に大きく異なります。性別は同じであることもあれば、異なることもあります。

例としては推しの子の星野アクアとルビーは双子ですが、性別が違うため二卵性双生児です。

一卵性双生児、二卵性双生児になる確率

一卵性双生児の誕生率は世界的に見てもかなり低く、全出生の約0.4%に過ぎません。それに対して、二卵性双生児の誕生率は地域や人種によって差があり、例えば日本では出生数の約0.6%とされています。双生児の誕生頻度には、遺伝的要因や地域的な要因が関係していると考えられています。

一卵性双生児と二卵性双生児の見分け方

最も正確に一卵性双生児と二卵性双生児を見分ける方法は、DNA鑑定を行うことです。しかし、外見の類似度や胎盤の数など、他の指標でもある程度見分けることが可能です。一卵性双生児は通常、一つの胎盤を共有しますが、二卵性双生児はそれぞれ別の胎盤を持つことが一般的です。

まとめ

一卵性双生児と二卵性双生児は、発生の仕組みが異なるため、遺伝的な同一性や外見の類似度に違いがあります。一卵性双生児は受精卵の分裂、二卵性双生児は二つの卵子の受精によって生じます。双子の違いを理解することで、双子の多様性と魅力をより深く知ることができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました