小学生でもわかる!イースターって何?3分で解説します。

スポンサーリンク

みなさん、「イースター」という言葉を聞いたことがありますか?春になると、カラフルな卵やウサギの飾りを見かけることがありますよね。実は、これらはイースターに関係があるんです。今日は、イースターについて、小学生でもわかるようにやさしく説明します。

スポンサーリンク

イースターとは?

イースターは、キリスト教のお祭りの一つで、イエス・キリストが亡くなった後、復活したことを祝う日なんです。毎年、春分の日の後の最初の満月の次の日曜日がイースターとされています。

イースターには、特別な意味があります。イエス・キリストの復活は、新しい命や希望のシンボルとされているんです。だから、イースターは、春の訪れを祝うお祭りでもあるんですよ。

イースターの卵とウサギ

イースターには、卵やウサギが大切なシンボルになっています。卵は、新しい命が誕生することを表しているんです。昔から、卵は豊かさや繁栄のシンボルとされてきました。イースターの時期になると、カラフルに染めた卵や、チョコレートの卵が飾られます。

ウサギは、もともとはヨーロッパに伝わる民話に登場する動物なんです。ウサギが卵を運んでくるという話から、イースターにはウサギが卵を隠すという習慣ができました。子どもたちは、イースターの日に、隠された卵を探すゲームをして楽しむんですよ。

イースターの過ごし方

イースターは、家族や友達と一緒に過ごす大切な日です。教会に行ってお祈りをしたり、イースターの料理を食べたりします。代表的な料理は、ハムやラム肉、ホットクロスバンなどです。

また、イースターエッグハントといって、庭や公園に隠された卵を探すゲームをすることもあります。見つけた卵と交換してもらえる、プレゼントを楽しみにしている子もいるんですよ。

まとめ

イースターは、イエス・キリストの復活を祝うキリスト教のお祭りであること、卵とウサギが大切なシンボルになっていることがわかりましたね。春の訪れを祝う楽しいお祭りでもあります。イースターを通して、新しい命や希望について考えてみるのもいいかもしれません。

イースターは、色とりどりの卵やかわいいウサギがシンボルの、楽しいお祭りです。でも、そこには大切な意味が込められているんですね。みなさんも、イースターの意味を考えながら、楽しく過ごしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました