小学生でもわかる!オーロラって何?どういう仕組なの?3分でわかりやすく解説します。

オーロラ
スポンサーリンク

オーロラってどんな光?

オーロラは、夜空にカラフルな光が広がる、とってもきれいな現象だよ。北極や南極の近くで見ることができるんだ。オーロラには、主に緑色や赤色、ピンク色、紫色などの色があるよ。

オーロラはなぜ光るの?

オーロラが光るのは、太陽から出てくる目に見えない粒が、地球の空気にぶつかるからなんだ。

  1. 太陽から「太陽風」という粒が出てくるよ。
  2. 地球には「磁石」のような力があって、その力が太陽風をひっぱるんだ。
  3. 太陽風が地球の空気にぶつかると、空気の粒が光り出すんだよ。

オーロラの色が違うのはなぜ?

オーロラの色は、ぶつかる空気の粒の種類と、ぶつかる高さによって変わるんだよ。

  • 緑色のオーロラ:地上から約100kmの高さで、酸素の粒がぶつかるとこの色になるよ。
  • 赤色のオーロラ:地上から約200kmの高さで、酸素の粒がぶつかるとこの色になるよ。
  • ピンク色や紫色のオーロラ:窒素の粒がぶつかるとこれらの色になるんだ。

オーロラを見るにはどうしたらいい?

オーロラを見るには、北極や南極に近い国に行くのがいいんだ。例えば、アラスカやカナダ、アイスランド、ノルウェーなどだよ。日本では、北海道でたまにオーロラが見えることがあるんだ。

でも、オーロラを見るには、いくつか条件があるよ。

  1. 夜空が暗くて、晴れていること。
  2. 太陽から出る粒が多い時期だと、オーロラが出やすいんだ。

まとめ

オーロラは、太陽から出る粒が地球の空気にぶつかることで光る、とってもきれいな現象だよ。色は、ぶつかる空気の粒の種類と高さによって変わるんだ。オーロラを見るには、北極や南極に近い国に行って、夜空が暗くて晴れた日に、太陽から出る粒が多い時期を選ぶといいよ。

オーロラを見ると、宇宙のふしぎさや、自然のすばらしさを感じられるよ。みんなもオーロラを見てみたいと思ったら、ぜひ行ってみてね。

タイトルとURLをコピーしました